« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

追分宿で蕎麦

大晦日です。
今年は自宅で大晦日を過ごしているので、非常にゆったりとしています。いろいろと目まぐるしい一年だったので、最後ぐらいは穏やかだと嬉しいですね。
親会社の都合で会社ごと他社に転籍させられた…とか、わがままな顧客に振り回されて身体壊したり…とか、仕事はハードでした(泣)。

大晦日といえば、「年越し蕎麦」
もともとは「うどん好き」なので、蕎麦の味など全然わからなかったのですが、家族の影響で蕎麦を食べるようになったので、ちょっとだけ違いが分かるようになってきました(…と思う)。
とはいえ、隣で「うーん…蕎麦の香りが~」と聞こえてくるのですが、それ程、私には分かっているわけではないです(笑)。

そんなそば素人の私ですが、今年食べた蕎麦で一番美味しかったところをご紹介。

【今年の1番】 純手打蕎麦・旬菜処「ささくら
長野県は軽井沢の追分宿にあります。追分宿といえば、堀辰雄ゆかりの「油屋」が有名ですが、その真正面です。
Sasakura_ishibiki
「石挽きあらびきそば」 \924
(これは大盛りなので+\200)一日限定20食
  

Sasakura_mori ~ 「ざるそば」 \714  ~ 
   
(これも大盛り)
漬け物が野沢菜…というところに信州を感じる(笑)

 

Sasakura_age 意外な伏兵は、追分加賀屋の豆腐メニュー。これが美味い!
~加賀屋油揚げの煮付け~(そう、きつねうそばの具(笑))

蕎麦ももちろんオススメですが、追分宿そのものの雰囲気もオススメです。
多分昔から変わってない街道の姿には、変えなかったことによって培われた重みというか価値がじわっ…と感じられ、思わず、忙しい生活に慣れた自分は、居住まいを正してしまうのです(笑)。

…でも、今年の年越し蕎麦は家で食べる予定。
個人的には紅白見ながら…より、東急ジルベスターコンサートのカウントダウンコンサートで、時報と共に曲が終わって、新年!…というのが好き。
今年の曲は、エルガーの「威風堂々」だそうです。

来年もよい一年となりますように…(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

とろけるチーズケーキ

先週、東武百貨店で見つけて、我が家のクリスマスケーキとなった、「Beau,bel,belle!」のチーズケーキ。今日行ったら、もう置いていませんでした…クリスマスの催事出店だったらしい(泣)。悔しい~(>_<)

Cake_tea~ Beau,bel,belle!のチーズケーキ ~
  (ボウ・ベル・ベル)
ムースのようでムースでない。口に入れると、淡雪のように口の中でとろけて、チーズの濃厚な香りが一瞬鼻に抜け、後味はさっぱり!そんな魔法のようなチーズケーキだったのです!


余談ですが、写真の紅茶はFAUCHONの120周年記念の「クリスマス・イヴ」というフレーバーティー。フランスの本店で旦那がゲットです。黒にビビッドピンク(缶)の色遣いがおフランスって感じですよね(笑)。

「チーズケーキ」は大好きなのですが、「巷の美味しいチーズケーキ」は前評判ほどに感動する…ということもあまり無く…(爆)。
コンデトライ神戸のクリームチーズケーキはまぁまぁ。最近新大阪の駅で大々的に売っているのはちょっと悲しいかな。

あぁ…なんか逃した鯛はデカかったかも…。
今度はもうちょっと気を付けて見ておかねば…!

しかし、年末のデパートに行く機会があまりないので、あんなに混んでいるとはビックリ…(^^;)。
肉を買うのに「鶏肉・豚肉の最後尾はここです」とプラカード持った店員が立って、行列の整理をしていました(ひえー)。人混みの向こうに「牛肉・豚肉の最後尾」というプラカードも見えてて、鶏肉と牛肉をいっぺんに買う人は大変だな…と(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

ひつじモノ9号

昨日で仕事納めが終わりましたので、今日から冬休み♪
大掃除しなきゃ~とは分かっていても、外の風は冷たいし、身体は疲れてるしで、挫けております(>_<)。
一番足りないのは体力より熱意か…(爆)

こんな時は、温かい飲み物で暖まりましょう~♪
ということで、今回のお題はマグカップです。

「ひつじ9号」
~ひつじ柄のマグカップ いろいろ~

Mugcup1_2(左)McLaggan Smith MUG製。ソニプラで購入した、我が家で一番古いヒツジMUG。色々な種類のヒツジが描いてあるのですが、中には「32MB RAM」なんてギャグ(そりゃメモリの事だろー!)があって、笑いのツボ。
(中)MeissenのNPM(プライベート工場製)のSWEET LOVE MUGシリーズ。NPMだとSWEET ANIMALS MUGの方が有名かもしれません。プレゼントで貰った時に「え!?これがマイセン?」と思ったのですが、使い心地はなかなかGOOD!(絵柄もラブリ~♪だし)。

(右)スコットランドのDUNOON製。さすが羊毛の国、ヒツジ柄が可愛いです。どっしりしているので、非常に安定感があります。マイカルのNIMIUSでゲットしました。

Mugcup2_2 (左)BLUT'Sという日本製。茶こし付きで会社で使うのに便利かなーと思い、札幌の212Kストアでゲット。でも、結局もったいない…と思い始めてしまい、結局家の棚にいます(笑)。

(左中)これも多分日本製。ドコで購入したか記憶がない…。
(右中)これもDUNOON製。非常に大きくあまり実用的では…ないかも(^^;)。ソニプラで購入。しかも、ヒツジ柄がでかすぎて、ちょっと目の前に置くと恐い(笑)。
(右)これも日本製。LOFTでゲット。おそろいのテーブルマットがあります。

いつのまにか、数が増えていくマグカップ…(^^;)。
日常使うのは、せいぜい数個なのに、棚の中のカップばかりが増えていくのは、ちょっとやばいかなーと反省中。
しかも、StarBucksのマグカップもいっぱい転がっているので、陣地取り合戦状態なのですっ!(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

ファインコスト・メッツゲライ カタヤマ(長野・御代田)

長いです…店名。
最初聞いても、何の店か絶対分かりません(笑)。
意味不明のカタカナは「Feinkost Metzgerei」と綴り、ドイツ語で「特選のお肉屋さん」という意味だそうです。

で、なんでこのお店がいきなり出てくるか…と申しますと、我が家のクリスマス…もとい食卓は、この店抜きには語れないほど、重要だからです。
「この店の肉を知ったら、もう他店の肉の味が霞む…(爆)」

丁度、長野県軽井沢町から佐久ICに抜ける途中に、御代田(みよた)という町がありますが、そののどかな田園風景の中に、ポツンとこの肉屋さんが建っています。

なんで、周りに何もない所に突然肉屋がっ!?(商売成り立つのか?)
しかも、御代田で「ファインコスト・メッツゲライ」って、通じるのか!?(長野の方申しわけございません)
…と、ツッコミどころ満載なのですが、ここのお肉&自家製ハム・ソーセージを食べてしまうと、それも納得してしまうほどの、すばらしいお店です。
地元の養豚業者から直接買いつけた、新鮮な豚肉で作られたハム・ソーセージは、本場ドイツの食肉加工品コンテストで16品エントリーしたうち15個のメダル(うち金メダルが5個)を獲得したそうです。

「一部例外を除き、当店では店から半径○km以内で育った肉しか仕入れない」という、オヤジさんのコメントも聞いた覚えが…(^^;)。
地産地消の理想が、この店にあると思います。

この店の肉やソーセージを食べてから、「肉ってブランドの名札じゃないな…」と実感するようになりました。
鶏はやっぱり鮮度が味に影響するんだな…とか、
豚肉や牛肉はストレスを少なくして、堅実な育てかたをすれば、充分美味しいんだな…とか、勉強になります。
しかも、それが町の肉屋価格で手に入る!!!
…たとえ我が家から140km離れていようが、「惚れて通えば千里も一里」状態な私(笑)。

去年のクリスマスは、「長野県知事賞受賞牛」を落札し、芸術的に美味しいお肉を販売してくれましたが、今年は…???

「今年の県知事賞受賞牛は、落札するほどの質じゃねぇ…」
語ってます…職人オヤジ(笑)。

Katayama_sirloin ←ということで、今年のオススメ「信州牛」のサーロインはこちら。
1枚だけで440g!しかも、グラム2100円!?(悲鳴)

 

Kaytayama_steak調理する方も緊張しますな…(^^;)。
ということで、クリスマスイブの我が家のメインディッシュは、ステーキ(半枚ずつ)となりました。

盛り方にセンスが無いのは、ご愛敬~♪

いい肉は、焼いただけで美味い!!!!
(でも来年はもう少し小さい肉でもいいかも…苦笑)

ハム・ソーセージ類については、また機会を見て語ります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

ひつじモノ7号・8号

Merry X'mas !!  …って一日早いですかね。
23日が祭日になってから、イブイブ(前々日)とイブ(前日)があるので、なんか感覚がずれちゃって(^^;)。
結局、二晩連続でごちそう作ってるし…(爆)←このネタはまた後ほど。

さて、この日までクリスマスネタを温めていたので、ヒツジモノ in X'masを一挙公開!

Hituji_xmas01_1 「ひつじ7号」
 ~ひつじのクリスマス用 置物(陶器製)~
 ……隣はノリタケの100周年記念フィギュアリン(なぜかウサギ)

日本でもクリスマス用の置物は発売されますが、多分ヒツジは海外製。清里の「趣味の陶器や」みたいな店で発掘。数百円…(笑)。

ついでにウサギも解説してしまいますが、日本のノリタケ製。
100周年(2004)記念で出した…と箱には書いてあるのですが、その後、ネットで検索しても全然見つかりませんので、かなり限定でこっそり出した模様。松坂屋で購入しました。
(購入者には、便箋と無農薬のお茶がついてました…なぜっ!?(笑))
後日談…結構好評だったのか、1年後にはサングラスバージョン等3種類ぐらいが追加され、伊勢丹本店に出てました(爆)。

Hituji_socks
「ひつじ8号」
~ヒツジ模様の靴下~

赤・黒・ベージュの三色セットでいただきました。
非常にラブリ~な柄です。
プライベートなお出かけ時に使ってます。
(さすがに会社へは履けないし…(爆))

季節限定ですが、それはそれで気分を盛り上げてくれるので、うれしいですね。
……はっ!(゚ロ゚)

書いていて気づきました。
そういえば、今年はクリスマスツリーを飾るのを忘れてましたっ!
今からで間に合うか!?(爆)
ひ~(>_<) 頑張ってきまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

大阪で宴会~♪「鳥よし」

初めて、大阪オフィスの忘年会に出席してきました。

東京オフィスと違って、20名以上が参加する「大忘年会」!(笑)
グループ対抗のゲームあり(優勝商品は和牛肉のお取り寄せ!)、仕事関係の飛び入りありで、恐ろしい程の盛り上がり様…。
お上りさん状態の私は、心の中で「すげー!」と叫びっぱなし。
(えーこの人、こんなキャラだったの~?という驚きもアリ…苦笑)

でも、普通宴会料理って、味の優先度が低くなってしまいがちなので、期待できないかな~と思っていたのですが、食べてビックリ!
美味しいお鍋を食べることができました。(幹事エライ!)

Toriyoshi_mise

大阪の梅田 お初天神近くの鳥よし茶屋 ←かなり有名らしい

 

 

 

Toriyoshiオススメは名物「鳥よし鍋」
秘伝のスープで煮る細切りの旬野菜・鳥肉・豚肉が絶妙に絡み合い、煮るほどに美味しい!締めは、稲庭うどん!
 
↑煮込む前の材料…ですが、HPの写真の方が、美味しそうに写ってるかも(笑)

でも、この店がすごいのは、夜の宴会が「3回転」することらしい。(18時、20時15分、22時30分開始)
かっきり2時間で客を帰らせ、たった15分で次の宴会の用意を終わらせる。その統率のとれた一糸乱れぬ作業は、ほれぼれする程すばらしいとのこと。
食べにいくより、その作業を見せて貰った方が価値があるかも…とは、某部長談(笑)。

ちなみに、入替の15分間になると、いっさいお客様を館内に案内しないので、入り口付近に人だかりができているらしい(^^;)。「寒い冬に、いいのか~?」とも思いますが、クレームもでないで大人気なのだから、それはそれでアリなのかも。

大阪の奥深さを垣間見た一夜でした。
(大阪メンバーの奥深さも実感…(爆))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

氷見の寒ブリ

寒くなってきて、美味しくなるものの代名詞→「寒ブリ」!
しかも、寒ブリときたら、やっぱり氷見(富山県)が有名かと…。

だもんで、ここ数週間、私の頭の中では(妄想の)「氷見ブリ」が泳いでます(笑)。
やばいです…
飲食やのメニューで「氷見ブリ」という言葉を見たとたん、値段を顧みず「それください!」と即断で言ってしまうんだな…これが(苦笑)

Buri_lastellaうっかり頼んじゃった氷見ブリ その1

「鮮魚のカルパッチョ」ラ・ステラ

再び、ラ・ステラに夜行く機会があり、その日のオススメが「氷見ブリのカルパッチョ」。スタッフ全員が口を揃えて「これがオススメです!」と言うだけのことはありました(*^。^*)。
ちょっと和風の味付けが、またブリの脂とマッチしていてGood!!

Buri_hanabusa

うっかり頼んじゃった氷見ブリ その2

「大間マグロと氷見ブリのお造り」花ぶさ

中央通りから一本裏にあって、うっかり見過ごしてしまいそうなぐらい小さな店構えですが、知る人ぞ知る店…らしい。小説家の池波正太郎先生がよく通っていたとのこと。
ビジネスランチなるものをやっていて、ちょっと単価高め(1500円~1800円)なのですが、美味しそうなお品書きが目の前を通る度に気になってしょうがない(笑)。
ということで、意を決して行ってみました。
絶品の大間のマグロ氷見ブリのお造り、天麩羅(エビ2本)ご飯赤出し漬け物一口汁粉がついて、1800円は安い気がします。

ところで、やっぱり「氷見ブリ」と「氷見の寒ブリ」って、厳密に言うと違うんでしょうかねぇ…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

ひつじモノ6号

クリスマス時期になると何故か、ヒツジものがたくさん出回るので、なかなか財布の休まるヒマがない…(笑)。
…かといって、衝動買いをするのは「ヒツジもの」だけとは限らないし(自爆)

ということで、今回のお題は、
「クリスマスに衝動買いしたヒツジ」(自腹編…笑)

Hituji_steiff03 「ひつじ6号」
~子羊のぬいぐるみ STEIFF製~
 「BAA~」と声が聞こえてきそうな無邪気さが、なんともいえずラヴリ~♪

ドイツのSTEIFF社は、「テディベア」で有名なぬいぐるみメーカーですが、クマ以外の動物のぬいぐるみもなかなかに豊富。ダチョウ…とか、本当にぬいぐるみにするのか??というモノまで発売されています(笑)。

ヒツジもいろいろと出してくれるので、チェックしているのですが、オリジナルはモヘヤ素材(チクチクするのだ)なので、肌触りはちょっとハリネズミ的(笑)。
でも、この子は幼児向けシリーズなので、非常にすべすべな肌触り~♪

Hituji_steiff03a 普段は、他社(Herrington製)のテディベアと遊んでマス。
(なんか襲っているようにも見えるが…(爆))
※余談だが、このテディベアは、BMW WilliamsF1バージョンの特注

実はこれと同時に、Steiffのぬいぐるみキーホルダー(ヒツジ)も買ってますが、写真をまだ撮っていないので、また後で出てくるかもしれません。
(いつのことでしょう~?(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

「壺」とかいて「ハンアリ」と読む

普通読めませんって…(笑)

ということで、「韓国伝統家庭料理名家 壺(ハンアリ)」は外神田の韓国家庭料理やさんです。
ハンアリ…はハングル語なのですね。
(しかし中国語も日本語も「壺」は殆ど読みが1音なのに、なぜハングルだけ4音なのだろう…(笑)←そこはツッコミ場所ではないか?(自爆))

安く&美味しいお店なので、連日盛況でランチには行列&相席当たり前!愛想のよい韓国女性の店員さんがきびきびと対応していて、店の雰囲気もマル!。

最初行った時に、スープ(のダシ)の味にノックアウトされました(笑)。なのでオススメは、チゲ類やクッパ類!。
Hannari_chige_1
ランチメニュー例「豆腐チゲ」 ¥700
ランチには、おかず2品キムチごはん果物付き!
 
※チゲは、キムチ・豆腐・味噌の3種類

でも個人的な一番は「ユッケジャンうどん」かな~。うどんが半透明で、生冷麺が太くなったような食感。半ライスを入れると、うどんとクッパが一度に楽しめます♪(←それってポイント高くないですか???)
辛さも「唐辛子マーク×2」で、辛い物好きにはタマリません!。

夜も3千円ぐらいで楽しめるので、人気があります♪。
夜行ったら、「海鮮チヂミ」や「チャプチェ」などを頼んで、締めは「石焼きビビンパ」が王道かな(笑)Hannari_cyapucheHannari_pajyonHannai_bibinpa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

ひつじモノ5号

何かと忙しい12月。
1月以降の仕事のスケジュールもいろいろと入り始めてきたので、手帳に記入をしようと思って気づきました。

「来年のカレンダーリフィール(手帳)がまだ買ってなかった…」
……やばいじゃん

そう、リフィールは3月までしかなかったため、「来年の入社式は何曜日」というのがわからなかったのですな(笑)。
こりゃいかん…と、リフィールを仕入れるために、初めて、OAZOの「丸善」へ行ってきました。
しかもマイノリティーな手帳(8穴!)なので、大きな文具店じゃないと置いてないのですね。

文具マニアの私としては、ステーショナリー売場は心のパラダイス♪
端から端まで見ないと気が済まない(笑)。
そう、もちろん伊東屋も上から下までキッチリ巡ります(激笑)

そこで巡り会った、本日の戦利品はこれ!!!かなり貴重です!

Hituji_calender1 「ひつじ5号」
~2007年カレンダー「ひつじ」~
しかもドイツ製だっ!

未年になれば、それなりに買えるけれど、残りの11年間はかなりマイナーな「ひつじカレンダー」。ちょっと小躍り中…(激笑)。

  

実は、「海外の動物のカレンダー」というコーナーにフラフラ~と近づいたのですが、その前には無造作にカレンダーが突っ込まれた段ボールが6つほど…(>_<)。
2箱掘ったところで、「うぅ…」と滅入っていたところ、何かのカレンダーをお探しですか?」と、天から可愛い店員さんの声が~♪。

私:「ヒツジのカレンダーがないかと思ったんですが、ヤギとかラマはあったのに見あたらないんです!」 …本当に何故ラマがっ!?

店員:「ヒツジですかー」 ……と、やや不安げなお答え。

しかし、しゃがんだかと重うと、ある部分を探し始め、6枚目ぐらいを引き抜いたかと思うと、「これですね♪」と満面の笑顔(*^。^*)。

おぉ~!!GOOD JOBだよん~お姉さん!
今更ながら、店員の質の高さを見直してしまいました→丸善!

Hituji_calender2中味(12枚)もラブリ~♪
個人的には、毛皮衣でまん丸に太った奴がお気に入り(笑)。

しかし、その後レジ付近から、「あのお客さん、何を探していたんですって?」「ヒツジですって…」「え?ヒツジ~?」「そうヒツジ…」という囁きが聞こえてきました。
そ、そんなに珍しいですかっ…ヒツジカレンダー欲しがる奴はっ!(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

秋葉原でイタリアン

12月末付けで同じ事業所の方が退職(転職)することになり、送別会の幹事を仰せつかりました。
といっても、4-1=3名なので、幹事になる確率は33%(笑)

会場は、秋葉原のイタリアンレストラン「ラ・ステラ」でセッティング。ランチでは結構お気に入りなのですが、一度は「夜の部」に行ってみたいと思っていましたので、これはナイスチャンス~!

シェフやホールのスタッフとも顔なじみのため、予め打ち合わせをして、メニューを組み立てて貰いました。
というのも、やはりこういったレストランでは、シェフのオススメに従うのが一番得策だと思われますので、「予算」「食べたいモノ」「苦手なもの」だけを伝えて「あとはよろしく~♪」とお任せするのが一番幸せな結果を生むのではないかと(笑)。

かくして、その期待は裏切られませんで、非常に満足のいくメニューとサービスをいただくことができました!
退職の同僚も喜んでいましたので、幹事は二重に嬉しい~♪
(でもやっぱり、美味しかったほうが印象的!(爆))

では、その中味を覚えている限り、公開~♪

食前酒: スパークリングワインと石榴(ざくろ)のマリアージュ
前菜(1): ゴルゴンゾーラのムース ~カレンズパン添え~
       
自家製パン ~手作り玉葱ジャムとオリーブペースト添え~

前菜(2): 鴨とフォアグラとレンズ豆のコンソメゼリー寄せ
Lastella_antipasta
前菜(3): 広島産 牡蠣のポワレ・カレー風味 ~青海苔のリゾットと蕪のピューレ添え~


Lastella_pasta
パスタ: モンサンミッシェル産ムール貝のマリュエール風クリームソース 生タリオリーニ

 
Lastella_main
メイン: エゾ鹿のロースト~根セロリのピューレ添え~
※左側がヒレ肉で右側がロース肉だそうです。鹿肉で部位を聞いたのは初めての気が…(^^;)

チーズ: チーズ3種盛り合わせ バゲット添え
デザート: デザートワゴン ~3種類好きなモノをチョイス~
       コーヒーか紅茶付き

これに、赤白ワインつけて楽しみましたが、お会計の際にはあまりのお買い得価格に、思わず涙してしまいました。

ありがとうございます~シェフ
また、ランチで恩返ししますね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

ひつじモノ4号

さむい~(>_<)

昨日はせっかくの土曜日だというのに、寒い上に雨模様でした。
布団が寒いので、「ゆたぽん」を出してきました。(でもヒツジ型ではない…)

…ということで、今日は寝具ネタで(笑)

Hituji_dakimakura01 「ひつじ4号」
~ひつじ型抱き枕 約120cm~ 
  毛皮部分が100%WOOL

写真だけみると、「なんだこりゃ…」物体ですが、れっきとしたロング抱き枕。
ある年のJALの通販案内(12月号)で見つけて申し込みました…が、その次号以降の案内には出現せず。
売り切れてしまったのか、不評だったのかが微妙…(笑)。

 

しかし、100%WOOLは頬にあたるとチクチクするので、実際の添い寝にはあまり向かない…かも(苦笑)。夏は暑苦しいし…。
現実には足枕になっていることのほうが多い…(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

大阪で昼ご飯

最近、仕事の関係で大阪出張が増えてきました。

普段食べられないものが食べられる出張は嬉しいけれど、強行軍の日帰り(始発に乗って24時に家に帰る…)だと、まともなご飯が食べられるのは、昼だけ…(泣)。
そりゃあんまりだ~モチベーション下がるぞー!(仕事しろって…(笑))

…ということで、大阪事業所の方にお願いして、「美味しい昼ご飯」につれていっていただきました。
Bunnrokutei0611

柿右衛門~文禄亭~
昼の日替わり定食(\980)

右手は熱々煮込みうどん、左手が天麩羅盛り合わせ、その他、鶏の唐揚げマリネ、茄子田楽、厚揚げ射込、稲荷寿司、漬物、写真に写ってないけれど、ご飯、みそ汁、デザート、コーヒー付き(さすが大阪っ!)

東京では信じられないほどいろいろと食べられて、千円でおつりがくる…とは、さすが大阪だ~と感動(市外だけど)。

この店の2Fにある「柿右衛門」の方が有名のようですが、こちらは夜だけ。

さて、今週の出張ではどこでご飯を食べることができるのかなぁ?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひつじモノ3号

めっきり、寒くなってきました。

朝晩の冷え込みが厳しくなってきたため、今までの寝間着では
寒い!…ということで、冬用に新調しました。

Pajama_saty

「ひつじ3号」

~冬物の寝間着(上下)~

近所の雑貨やで買いましたので、ノーブランドだと思われますが、
裏起毛のキルティングに、黒白のヒツジが飛んでいます。
一応、「白地」「灰地」「紺地」の3種類。

値下げキャンペーンをするまで粘っていたら、紺地しか売れ残って
いなかった~!悔しいー!
…といっても、3色とも買うつもりはありませんでしたが(笑)。

廉価だった割になかなか温かく、朝晩のガウン無しで過ごせる
ようになりました。
これはお買得だったかも~♪

これを来て家の中を歩いていると「くろひつじ~」と言われました。
紺色なんだってばー!と反論したけど、遠目には確かにくろひつじ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

ひつじモノ2号

休みだというのに、いきなりデジカメ持って家中を走り回ってます。

一応、自分の部屋に「ひつじ箱」なる入れ物があって、そこに買い付けたひつじグッズを収納しているのですが、使用途中のものも含めて、それ以外にも家中にひつじモノが散らばっているので、思い出すだけでも大変。ましてや掘り起こして撮影せねばならんとはっ!(笑)
なんとなく捜索隊になった気分です。

…ということで、掘り出すのにも疲れたので、ちょうど本日入荷した「ひつじモノ」をご紹介。

Hituji_taacoba01 「ひつじ2号」
~ぬいぐるみ「ふわふわ ほほまくら(ひつじ)」~

ちょうど今年の2月に某所のディスプレイで見かけて、いろいろと探していたのに、巡り会えず悔しかった一品。
ところが、偶然昨日ネットで見つけて、即お申し込み!。
その数十分後に「発送しました~♪」というメールが返ってきて、ビックリ!(笑)

そうか、ほほまくらだったのか。
…と申し込んで、届いたのをみたら、記憶より二回りでかかった!(爆)
なぜだー!?
結論…どうやら同デザインで(大)と(小)がある模様。

Hituji_taacoba02 このぬいぐるみのラブリーさは「(ボタン)」と「」にあるので、腹側からもパチリ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

あこがれ北陸 冬の幸

だんだん寒くなってきました。暦は早いもので師走。

個人的に寒いのは苦手なのですが、寒くなっていいことは「冬の幸」が美味しくなることですね!

太平洋に近い地域に住んでいると、日本海の「海の幸」は憧れですねぇ。特にこの時期は日本海の冷たい荒波が、美味しい食材をじゃぶじゃぶ洗ってくれているイメージが…!(妄想か!?(爆))
しかも、冷たいしぶきは自分にかからない位置に立っていることが前提…かも(笑)

とはいいつつ、なかなか日本海側まで直接いく機会もないために、先月、こんなチャンスをみつけ行って参りました。何たって、11月30日までだし…

「福井フェア~晩秋の美食祭」 in ホテル日航東京「テラスオン・ザ・ベイ」

ホテルのいいところは、ちゃんと予約しておくと、ディナーコースがランチの時間帯に楽しめるところなのではないかと、個人的には思っているので、今回もあらかじめ電話を入れて、昼の席と料理を確保。

コース名は「福井産直 デギュスタシオン」 ※デギュスタシオン=味見

アミューズ:白身魚のエスカベージュ
前菜:福井産 甘海老と平目のマリネ 森のバターのサラダ仕立て
スープ:越前せいこ蟹のスープ南仏風
魚料理:若狭ぐじとズワイ蟹のデュオ 軽やかなクリームソースにゆずの香りを添えて
口直し:越のルビーのグラニテ ※越のルビーはトマトの種類
肉料理:若狭牛の網焼き 季節の温野菜添え シンプルなソースで
口直し:甘夏のゼリー
デザート:ショコラケーキ 柿のソテーと旬の果実のシャーベット添え

Hoteinikko0611 今回一番の「アタリ!」は、魚料理だったので、代表してお写真など。

ぐじ(甘鯛)ズワイガニへの火の通し方が絶品で、食材のうまみと甘さがとろけるように楽しめました。うぅぅ…いいなぁ、日本海側の人たちは!
…といっても、毎日これを食べているわけではないと思うが(笑)

あとは、若狭牛も感動に値する美味しさでした。メニューにはシンプルソースと書いてありますが、何もつけないのが、一番美味しかったですねぇ(笑)。
食材そのもののおいしさか、調理の巧さか…家では再現しにくいのが難ですが(泣)。

気がつけば、11月は東京地区では大がかりに福井県食材フェアをやっていたようで…。
日航ホテルの上海蟹フェアも惹かれたので、ぜひ来年はトライしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »