« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

スーパー”ももいちご”ショートケーキ

が咲き始めました。もう数日で4月ですね~♪。

新年度の切り替え…ということで、またまた長期間の出張(缶詰状態)に入ります。施設から一歩も出られないし、ご飯も悲しい状態だし、かなりの試練です(泣)。

ということで、その前に、ちょっと気合いをいれるため、大好きなイチゴフェアに行くことに!

ホテルニューオータニ大阪「スゥイートショップ」
Premiun Strawberry Sweets 
”ももいちご”をつかったプレミアムスイーツ

Momocake01 その1:スーパー”ももいちご”ショートケーキ

見目、なんの変哲もない「ショートケーキ」です。
大きさがちょっと立派なぐらい。でも値段は\1,050!(笑)。

値段が高いと、大きくてくどくて胃もたれしそう…とか思っちゃうのですが、これはすごく食感が「軽い」です。

まず、生クリームがすごくこだわったおいしさであることにびっくり。純乳脂肪生クリームであることは確か。私は植物性脂肪の生クリームは嫌いなんで、生クリームは避けることも多いのですが、これは美味いゾ!。
しかも、かなり原料乳自体の品質が高くないと、このコクがあって、くどくない絶妙な生クリームは生まれないかも!!
(おいおい、早くイチゴのことを語りましょうよ…(苦笑))

”ももいちご”は初めて食べました。想像では激甘!?とか思っていたのですが、そんなに甘くなかったです(笑)。”章姫”とかのほうがとっても甘いです。
穏やかな甘みと、さわやかな酸味が主張する「酸甘バランス」のはっきりした、軽い味。
でも、その軽さと、このショートケーキの軽さが、とてもよくあってました♪。

Momopurin その2:プレミアム濃縮プリン”ももいちご”

ももいちごをつかったスイーツ第2弾は、プレミアム濃縮プリンの上にももいちごがのったもの。これもけっこう大きいですー(\840)

下のプリンも、何気ないけどすごく手が込んでます。湯煎で作るとても古典的なカスタードプリンのコクと味がありながら、食感がすぅーっと柔らかい。(相反するものが共存している感じ)。

卵とか生クリームも厳選しているんでしょうねぇ。味はしっかりしているけれど、するっ!と入ってしまいます。で、上にのった”ももいちご”とのさっぱりさを交互に楽しむのがポイント。

ニューオータニ大阪の「スゥイーツショップ」では、この他に、ももいちごの代わりに「静岡産マスクメロン」と「マンゴー」の濃縮プリンバージョンも売ってます。

ちなみに、けっこう早く売り切れるので、午後になったら予約するのが確実だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月22日 (土)

MONTBLANCのインク「Love you」

疲れていると、憑かれたように、衝動買い…(笑)。
(韻を踏んでますかね…(苦笑))

…ということで、ビジネスに使おうと、EF(極細ペン先)の万年筆をずっと探していたのですが、先日うっかり銀座伊東屋に立ち寄ったのが運の尽き。
(しかもじっくり見るぐらい、時間に余裕があった…)

AUROLAのアスティルを衝動買い。

EF(極細)は、細くて書き味がいい…というものが少なく、インクがカスれたり、太くなりすぎたり、ひっかかったり…と、なかなか手に合うのものがないのですよ。

「アスティル」は書き味はいいのだけど、インクがカートリッジのみ対応(ボトルインクが使いたいので…)…というところと、外装がつや消し黒のみ(ちょっとつまらない)…というところがネックで、ずっと悩んでいたのですが、今回店員さんとの交渉により、その悩みを払拭できたので、即買い!(笑)。

◆カートリッジ→ 一度は廃盤になったカートリッジが再生産になり、これが
           アスティルに対応可能と判明
           (店員さん曰く「あ、入っちゃいましたねぇ。いけますよ…コレ」(笑))

◆外装黒のみ→ アスティルシリーズの「茶」(F,Mのペン先のみ。たぶん生産中止品)
           が残っており、ペン先を換装して売ってくれることに…(笑)。

ということで、茶色のマーブル模様(個人的には羊の角模様(笑))の万年筆ゲット!

こういった、「かゆいトコロに手が届くようなやりとり」ができるのが、伊東屋さんのいいところですよねぇ…♪。

そこで、
今まで万年筆はブルー系のインクが多かったので、ここで「ちょいと変わった赤」を入れたくなって、さらに店員さんに交渉。

残念ながら、伊東屋はヤンセンとか、プライベートリザーブインクとか、インクのみのメーカーは扱っていないので、けっこう選択肢が狭い(泣)。

カランダッシュの「サンセット」が、イメージに一番近かったのですが、30mlで2,625円は高かろう…と断念し、うぅ…ん…と唸っていたら、店員さんが一言。

「MONTBLANCの限定インクが出ていて、確か赤っぽかったんで、奥から持ってきますね」

…で、でてきたのが、これ。
Montblanc 「Love Letter ink」シリーズの2008年版…とでもいうらしい。
薔薇の絵に「Love you」の文字が躍ってます(笑)。

なんと、バラの香り付き。

…うわーっ、妖しい(笑)。
カーマイン系の赤ですが、ちょっと深みがあって、普通の赤じゃないところがとても好み(爆)。

ということで、迷わずゲット。気がついたら、30mlで2,205円でした。
(カランダッシュの購入を迷った人の行動…とは思えませんねぇ…大笑い)

このインクで文字をかくと、確かに薔薇の香りがします!!
よしっ!これで、新人のレポート添削でもしますかー!(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

「Petit Lapin」のイチゴタルト(長野・追分)

軽井沢町(長野)の無料ペーパーに紹介されていたお店なのですが、掲載写真の「イチゴタルト」があまりにおいしそうなので、寄ってみました。
(そんな理由かー!?←つっこみどころ満載(笑))

「Petit Lapin」(パティスリー&カフェ…だと思います)

軽井沢町といっても追分の外れ、ほとんど御代田に近いところの、国道17号線からちょっと入った別荘地の中にあります。(たぶん建物自体も別荘づくり…っぽい)

お店の中に入ると、小さなショーケースと、カウンターとテーブルがあります。ケーキとか、サンドイッチを食べていけるので、散歩途中に寄る人も多い…と、紹介記事にありました。

で、これが噂のイチゴタルトだっ!
Petitlapin01 
うるる…イチゴが光ってます!(感涙)


イチゴとか、土台のパイ生地のクリームやバターといった素材の味を損ねることなく、絶妙のマッチング…だと思います。しかも、イチゴ自体が美味い!イチゴの酸味とカスタードの甘さがくどくなくて幸せ~♪

せっかくだから、お店のテラスでもいくつか食べてきました。
Petitlapin02
これは、イチゴゼリーとミルクプリン
ミルクも信州産でしょうか。練乳かけたイチゴのような素朴な組み合わせですが、イチゴの酸甘バランスを活かしたミルクプリンが絶品!

Petitlapin03 これは唯一のサンドイッチメニュー「BLT」

信州のみずみずしいレタスとトマト、素朴なベーコンの組み合わせが、家で作っているかのような直球勝負。でもそれが幸せ。

で、最近気づいたんですが、自分は、こういった奇をてらわない素材を活かした(かつ、手を加えたことで価値が高まった)「おいしいもの」が好きなんですね(笑)。

また機会あったら、立ち寄ってみたいお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月20日 (木)

西洋和菓子の「生くっきぃ」(銀のぶどう)

先ほどと同じ、「銀のぶどう」の商品ですが、今度は池袋東武百貨店限定
ホワイトデーに旦那が買ってきてくれました♪。

Namacoocky01 西洋和菓子の「生くっきぃ」

「生」ってなんなんですかー!?
クッキーって全部焼いてあると思うんですが…

と、思わずつっこみいれちゃいそうな商品ですが、一応職人さん曰く、

Namacoocky02 ようは、日持ちがしないけど、厳選された材料と卓越した技術で作り上げたもの…ということらしい。(ですよね、太一さん!)←職人さん

銀のぶどうは、前回バームクーヘンの「ねんりんや」でも紹介したように、生タイプ(日持ちしない)に力を入れているみたいですね。

で、問題のお味なのですが、これが目から鱗が落ちそうなぐらいに美味い
大げさかもしれないのですが、巷の高級洋菓子店でもありえるような「材料を厳選していればたどりつく究極の味」とは違った意味で、「素材の味を感じつつ、雑味がないやわらかハーモニーな味」なのでした。

ぜひ、おいしい紅茶を飲みながら、楽しんで貰いたい贅沢な味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨大桜もち「江戸 大桜」(銀のぶどう)

気象庁の開花予想も修正され、今年の桜は少し早めに見られそうですね。(東京は3月23日ぐらい?)

さて、そんな時期なので、桜餅や桜関係のお菓子が、期間限定でいろいろと出ています。
期間限定…に弱いので、いろいろと買ってしまうのですが、その中でおもしろいものを見つけたので、ご紹介します。

Sakura01_2 桜もち「江戸 大桜」(銀のぶどう)

およそ直径18cmのわっぱです。
包みを開いてみると……

Sakura02_2>どどーんと、巨大桜もちがっ!(笑)
 中央には桜の花びらの塩漬け

 見た目のインパクトがありますねぇ…

大きいだけの際物…と思いきや、食べてみると皮はふかふか&もっちりしていて、中のこし餡もおいしいです。桜の花の塩味とこし餡の甘さの対比バランスもおもしろくて、パクパク食べてしまいました(笑)。
桜の葉も、柔らかい良いものを使っているのがわかります。

…でも、絶対みんな思いますよね。
「富山のマス寿司みたい!」って(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

ひつじモノ32号、33号

最近、「疲れている」ように見えるのでしょうかねぇ…(笑)。
周りの後輩から、「ちゃんと寝て、休んでくださいね!」((-_-)/""ぴしっ!)と言われることが増えました(苦笑)。
疲れがバレるようじゃいけませんねぇ…。「ちょっと大変だね」と言うことはあっても、「疲れた」とは自分で言わないようにしていたんですが…(^_^;)。

まぁ、そんな叱咤激励をしてくれる後輩たちも、いろいろと気を遣ってくれる、とてもいい人たちばかりなんですけど。(みんな、ありがとー!)

で、最近「疲れている○○(私)さんには、ひつじモノを見せるしかない!」という使命感(?)が皆に生じているのか、「ひつじモノを、ここで見つけました!」とか、「ひつじネタ…ありますよ!」とか、いろいろと情報が入ってきます(笑)。

その中で、手芸が得意な人がいまして、ある日「ちょっと作ってみました!!」という力作が届きました。

200802131319000_2 「おぉっ!ポンポンひつじだっ!」
毛糸でつくったポンポンに、フェルトで顔をつけてくれました。
(脱力系の表情が、またポイント高いですよ!)

これもめでたく「ひつじ32号」認定!
あ、ちなみにヒツジの尻尾は「丸」じゃなくて「細い」んで、お子様に作ってあげる時は、教育上、紐の方がいいと思います…(笑)

さらに数日後…
「かわいい生地を地元で見つけちゃったんで…♪」

Bag1_2 こんどは手作りバッグです。
しかも、デニム系の生地に、白ヒツジ・黒ヒツジが乱舞ですよっ!
すごい生地ですねぇ…かなり萌え~♪な感じ。
しかも、留め具やら底地やら、裏地やら凝っているんです。
(いいなぁ…手芸が得意な人)

これも、もちろん「ひつじ33号」認定でございます。

ありがとう~!Hさんっ!

私、頑張ってまた仕事するわっ!
(いや、だから休め…って言われてるでしょ(爆))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

僖楽のちゃんこ鍋(大阪・江坂)

あぁ…季節はすでに弥生(3月)。
結局2月はほとんどブログ更新できましたね(泣)。仕事雪崩がどーんっと崩れてきて、這い出るだけで大変でした(笑)。

またまた大阪での仕事が増える時期ですが、今年はほとんど通いなので、気力・体力が去年の2倍は欲しい感じ(笑)。(だって往復するだけで10時間ですよ(泣))
…ということで、へたった体を救うのは、おいしい食べ物♪。

今回は、珍しく大阪の「江坂」というところで仕事があり、知人らに「江坂でうまい店ありませんかー?」と、声をかけたところ、あがってきたのが今回の「僖楽」

「お店は小さいし、あまりキレイとは言えないし、雰囲気はガヤガヤしてて、落ち着かないかもしれないけど、おいしいですよ!」(推薦人→T氏)

Excuseが微妙だが、まぁ、他に情報も無いことだし、「ま、いいっか」ぐらいの気持ちで、同行の後輩たちと一緒に行ってみました。

「えーぃらっしゃいっ!」っと出てきた店員さんの顔が強面!(ひー!(悲鳴))

でも、この方がこれまた顔に似合わず(失礼)、低姿勢で親切なんですよ(笑)。
このギャップにコロリ…といってしまいそう(笑)。

メニューは、ちゃんこ鍋(しょうゆ・みそ)と、中の具材の追加と、しかない(笑)。
すっごい直球勝負のお店です。

後輩M 「しょうゆとみそ、どっちがいいですか?」
私     「二択は苦手なんだよね…どっちも食べたいから(爆)」
後輩M 「店員さん~。どっちも食べたいけど、どっちがオススメですかぁ~?」

店員 「最初、しょうゆで食べていただいて、あとで味噌をいれますよ」
一同
 「えーっ!それってアリなんですか!(笑)」

いやぁ…言ってみるもんですね(苦笑)。

ということで、コンロに鍋(だし入り)が置かれ、具材が「へいお待ち!」と届いた。

Kiraku01 Kiraku03

Kiraku04

 
 
 
 

どどーんっ!どん!どん!(爆)
(左から、メイン具材、スタミナつくね(追加)、レバーと魚つくね&鶏つくね)

あのぅ…具がすり鉢の高さの3倍になってますけど(笑)。

私  「これで3人前ですか?」
店員「(強面の笑みで)はいっ!」

…でも、結局全部食べました(笑)。だって、とってもおいしかったんですもの…(爆)
(途中で、だしの味が変わったのもあるけど)

後輩は、強面の店員さんに「日本酒:ちゃんこのだし=7:3」というお湯割りを教わり、大満喫しておりました。(これも不思議にうまい)

エライぞ!Tさん(推薦人)
もしかしたら、仕事以上にポイントを稼いだかもしれないゾ!(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »