« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月23日 (水)

八ヶ岳カントリーキッチンのくるみレーズンパン(長野・富士見町)

その昔、おいしいパンを求めて、ひたすらいろいろな店のパンを食べ回っていた時期がありました(トランクで出張に行って、中身をパンで埋めて帰ってくることもしばしば…(笑)最近ではすっかりおとなしくなって、ご飯もよく食べますが…(笑))

パンといってもいろいろな種類があるのですが、ライムギや雑穀系の生地に、クルミやレーズンが入った、噛みごたえのあるモノが好き。
例えるならば、バターよりクリームチーズが似合うようなパン…(笑)。

Contrykitchen00そんなパンがお好きならば、イチオシなのが、ここ
「カントリーキッチン」のレーズンパン。

レーズンクルミパン部門に限れば、10年以上、
私の中での不動の第一位です。

Contrykitchen02

Contrykitchen01
「くるみレーズン \700」
(でかいです…25cmぐらいあります)

 

当時、よくぞこんな遠いところまでパンを買いに行ったな…と、我ながら感心するのですが、ドライブ途中でここの焼きたてのくるみレーズンパンに出会ってしまったのが運の尽き。

焼きたてのパンは、耳を澄ますとかすかに「パリパリ…」と皮がはじける音がするんですよ。しかも、パンの半径1mは、香ばしいパンとクルミの香りでいっぱい!。

すごいのは、焼きたてのパン(湿気ないように紙袋入り)をトランクに入れて、車を走らせていると、室内にまで焼きたてのパンの香りがしてくる!
(車の構造上あり得ないけど、本当に漂ってくる!)

一度、焼きたてのパンを、購入直後にちぎって食べたこともあるのですが、香ばしいパンの香り、かりかりのクルミ、ジューシーで濃厚なレーズン…の三位一体に、思わず「うまーい!」と叫んでしまい、一気に半分完食(笑)。

10年以上経って、固定客もついてきたのか、最近では焼き上がり分を予約しておかないと手に入りにくくなりました。

ということで先週、久しぶりに(予約して)購入してきましたが、やっぱりおいしいですねぇ。
パンやクルミもいいのですが、やっぱりレーズンのジュシーさが違う…気もします。

ほかに、カンパーニュやスイスブロート等のパンもあり、おいしいとは思いますが、くるみレーズンほどの感動はないのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

「懐古園」の桜と「藤舟」の鰻

今年も、半月ばかり長期出張(しかも施設缶詰状態)に出ており、先週やっと家に帰ったー!っと思ったら、すでに4月も下旬(爆)。

うぅ…出発前につぼみだったも、すっかり葉桜になってますよ(泣)。
(かなり浦島太郎の気分です。いつの間に私の春はワープしたのでしょうか…)

…ということで、心身の疲れをとるべく、週末は、ぐるーっとドライブをしていました。
Keshiki 今週は雨上がりで天気も晴れ、花粉も飛ばなくなって、それはそれで良い季節(笑)。
抜けるような青空がちょっと目にイタイ。
(ずっと半月間外に出なかったので、吸血鬼みたいなことを言ってます(笑))

で、長野県小諸市に、おいしい鰻屋があると聞いて、ちょっと昼食休憩。

Fujifune 「藤舟」
どうやら地元の人気店。昼時だったせいか、めちゃくちゃ混んでいました。しかも駐車場が少ない!(どうも他のテーブルの会話を聞くに、みな駅周辺に車を止めて、歩いてきているらしい)

鰻の方はどうか…というと、まぁ可も不可もない(笑)。焼きたての筈なのに、鰻が熱々じゃないのが個人的にご不満(笑)。
でも唯一の感動は、肝吸いの「肝」(そこ?…とか言われそうですが)
これほど雑味のない「肝」は初めてでした。よっぽど育ちがいいんでしょうね…(笑)
(もしや千曲川育ち??(爆))

しかし、やはり小諸…といえば、「懐古園」ですよね!

Kaikoen01

実は一度も行ったことなかったので、行ってみたかったんですよ~(爆)。
しかも、なんで懐古園が有名なのか、懐古園ってどういうところなのかもわからないまま、「小諸=懐古園」という刷り込みを高校生の時にされて以来、早20ン年。

しかも、懐古園はちょうど桜の満開時期!
(神様ありがとー!花見のリベンジができます!) 

Kaikoen02

Sakura02Sakura01

 

 

ということで、園内各地で、桜がキレイに咲いていました。
しかも、ソメイヨシノとは違った種類も見られてラッキー!

…あぁ、やっと私にも「春」が満喫できました!(笑)
これで心おきなく、GWを迎えることができます…(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Pastelのイチゴフェア

「なめらかプリン」で有名な、Pastel
発売当初は「世の中に、こんななめらかなプリンがあるなんて!」と、大感動して食べまくった記憶が…(笑)。

…と、プリンのイメージが強いパステルなのですが、実はケーキも売っているのですね。
(新宿ではパスタレストランもやっていましたしね…意外に手広いです)

この季節、私が「イチゴ~イチゴ~」と叫ぶので(笑)、旦那が気を利かして、イチゴ商品をどどーんっ!と、まとめ買いしてくれました。

まずは手堅く、なめらかプリンシリーズ
Pastel_pudding「なめらかイチゴプリン」 ※右は、なめらかラムレーズン
イチゴソースの酸味と下のイチゴ風味のプリンのバランスがよくって、非常においしい!。きっと普通のなめらかプリンより好きかも!。
 

そして、イチゴ風味のケーキ達。Pastel_shortcake

「イチゴのショートケーキ」
これは直球勝負って感じでしたね。おいしいけど、感動ほどではないかな。なお、イチゴが上にどーんっと乗っているのも好きですが、こうやって、スライスで乗っていると、どこを食べてもイチゴなので、それは幸せかも(笑)。 

 

Pastel_milfee 「イチゴのミルクレープ」
個人的にクレープミルフィーユは(味が単調なので)得意ではないのですが、これは中のイチゴが厚切りなので、口の中で味の変化があります。でも1/3ぐらいでリタイア(笑)。

Pastel_montblanc

「イチゴのモンブラン」 これが今回のナンバーワン!
一番くどそうかなぁ…とやや腰が引けていたのですが、食べてみたら一番おいしかったですねぇ…。感動しました。
土台のダコワーズ、アクセントのクランチチョコ、中のイチゴ味のスポンジとマスカルポーネクリームなどなど、口に入れた時の味の調和と変化があって、おもしろいです。

…しかし案の定、この日はケーキを買いすぎたため、夕食がケーキだけになってしまいました(爆)。
(この他に、他店のケーキとプリンも重なってしまったのでした…(泣))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

MOROZOFFの限定チーズケーキ

4月に入りました。

気がつけばエイプリルフールが終わっており、「あ、誰かに試す(ウソ)のを忘れた」…とつぶやいていたりします(笑)。
ま、4月1日はいろいろと切り替わる日なので、実際には一日中戦場で、それどころじゃないケド(笑)

さて、最後の駆け込み需要…ではありませんが、いちごの限定モノをいろいろと食べまくっています。実はこんなものも食べていたのですが、ちょっとアップが遅れました。

MOROZOFF(モロゾフ)の季節限定チーズケーキです。

Morozof01 ストロベリーチーズケーキ
チーズケーキの上に限定のストロベリーソース付き。
けっこう酸味ありますが、チーズの風味とバランスを合わせているので、チーズの濃厚さに、適度な酸味の軽さが合わさっておいしいです。

Morozof02

兎のデンマークチーズケーキ
…なんで、兎??と思ったら、イースターの時期だったからでした。
けっこう、ウサギのシルエットがラブリーで、どう切るか一瞬悩みます。
上のチーズケーキより、チーズの味が主張するので、どっしりとした食感です。

ケーキの中でも、チーズケーキは1、2位を争う好物なのですが、なかなか「コレだ!」と思うモノが見つかりません(泣)。どれもおいしいとは思うのですが、小さいときに食べて感動した「あの味」になかなか巡り会えません。
(けっこう、どっしりとした焼きチーズであることは覚えているのですが…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »