« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月19日 (土)

珈琲処「コメダ珈琲店」(ふじみ野市)

「新しく開店した珈琲店が、なぜかすごい混んでいて、いつ前を通っても、駐車場にいっぱい車が止まっているんだよ!」

…という謎の喫茶店が、スターバックスふじみ野店のすぐ近くにオープンしました。

珈琲処「コメダ珈琲店」ふじみ野店。

なんで、喫茶店なのに、朝から夜まで、そんなに人が入っているのか?
またまた、なんで家族づれでみんな喫茶店に並んでいるのか?

…と、謎がつきなかったのですが、HPを調べてみて納得。

これは、名古屋発祥の「喫茶店」チェーンだったんですね!

名古屋といえば、独特の喫茶文化で有名。
 →コーヒーを頼んだら、自動的にタダでピーナッツが付いてくる…とか、
 →モーニングで飲み物を頼んだら、タダでトーストや卵やらいろいろ
   お腹いっぱいの朝食ンメニューが付いてくる…とか、
 →名古屋の人の一世帯あたりの喫茶店に使う費用は全国一位…とか
   (全国平均の3倍だそうです)

名古屋以外の人が聞いたら、「絶対、名古屋の喫茶店、変だよ!」と突っ込み必須なことばかりですが、名古屋人からすれば「当たり前のこと」すぎて、なんで他の人たちが「変、変」いうのかがわからないらしい…(笑)。

そうですか、コメダ珈琲店は、名古屋の喫茶店ですかー!
メニューを見ても、サンドイッチ類が「量がたっぷり&お値段リーズナブル」で、美味しそうなものばかりが並んでいる!!
うーん、これは子供連れにも人気なのがわかります。

物珍しさもあって、我々も休日のランチを食べに行ってみました。
店内は天井が高く、明るい感じで開放感があります。

雑誌や新聞もいっぱい常設されていて、「長居できそう」な予感…(笑)。
禁煙席と喫煙席もきれいに分かれているのも、好感度大!

Komeda01 まずは飲み物を頼みますと、やっぱりピーナッツが出てきました(笑)。
←ミルクコーヒー
カフェオレでもミルクでもない、その中間のようなコーヒーだそうです。コーヒーがブラックで飲めない、私向き(笑)。

Komeda02←特製サンド「フィッシュフライバーガー」
直径15cmぐらいあるバンズに、フィッシュフライとたくさんのキャベツが挟んである、ゴージャスなバーガーです。
白身魚も肉厚で美味しい!なんたって、揚げたてのフライが挟んであるところが心憎い!!(笑)。美味しいです。非常に美味しいです。これで400円なんて、お買い得感ありすぎ!

Komeda03←特製サンド「みそカツサンド」
今度は、20cm×幅10cmぐらいある大きなドッグパンに、これまたはみ出るぐらいのロースカツに、濃厚な八丁味噌ダレがかかっています。隠し味のマスタードも良い味!。
味噌トンカツがご飯に合うのはわかってましたが、パンにもこれほどマッチしてしまうとは、いやはや脱帽。
こちらは、フィッシュフライバーガーより高い750円ですが、これ一人で一皿食べたら、お腹はち切れそうになるぐらい、満腹感あります…(^_^;

Komeda04 ←<コメダといえばこれ>といわれるほどの代名詞
 「(ミニ)シロノワール」

…とメニューに書いてあったので、つい頼んでしまいました。
下は熱々のデニッシュパン、上は冷や冷やソフトクリーム。それにメイプルシロップをかけて食べる…という、「ひやあつ」なデザート(笑)。
早く食べないと、上がどんどん溶けてくる…という危険がありますが、これも口の中で面白いマリアージュを起こします。
旦那曰く、「メイプルシロップはたっぷりかけたほうが美味い!」だそうです。

しかし、本当のシノワロールはこの3倍ぐらいもあります。

私 : 「ぜったい、3人ぐらいで分けるんだよね…(^_^;(一人で食べきれる筈がない)
旦那:「いや、これだけを一気食いするために、みな来るんだよ(笑)」
私 : 「本当かっ!?(でも、名古屋人ならやるかもしれない…とか思ってる(爆))
(名古屋の人のイメージ、間違っているかしら…ゴメンナサイ)

…ということで、
旦那曰く、「スタバはおしゃれすぎて、長居できないけれど、コメダ珈琲なら長居できる!」とのこと(笑)。

うーん、確かにそういう客層は多いかもしれない(笑)。

スターバックスが閑古鳥にならないといいのだが…と、密かに心配する私です。(つぶれてほしくないんですー!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヨックモック「さくさくキャラメリング」(東京駅限定)

たしか、この前はこの「さくさくキャラメリング」を探しにいったのに見つからず、「ウーピーパイ」を代わりに買って帰った…という記憶が(笑)。

ということで、今度こそは見つけるわよ!と意気込んで、東京駅ナカ<中央通路>銘品館のヨックモックで、やっとご対面!

Sakusakukyaramerinngu01 ヨックモック「さくさくキャラメリング」

6個入り、12個入り、18個入りがあります。
それほど賞味期限が短くないので、遠方へのお土産にも使いやすいですね。
(中味も個別包装されてます)

Sakusakukyaramerinngu02 形状としては「パリブレスト」のミニチュアのような格好ですが、
外側がサクサク…というよりは、カリカリしているように香ばしい固さです。
中のクリームもあっさりとしていて、それほどキャラメルもきつくないですが、食感も手伝って、これはかなり美味しい!(笑)。

一個が小さいので、あっという間に無くなってしまい、2個目に手を伸ばしたくなるなぁ…(笑)。しまった、6個入りだと小さかったか…(爆)

東京駅でしか買えない…というので、お土産にするとレア感が増していいかもしれません。でも美味しいので、お土産よりも、自分用に買ってしまいそうです…(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

「牛肉どまんなか(塩)」(米沢)&「牛肉どまんなかサンド」(仙台)

仙台出張、ワクワク編。第二弾!(笑)

普通、仙台で食べたい人気のものといったら、まずは「牛タン」でしょうかねぇ。
うーん、確かにそれはそうなんですが、私としては、楽しみなのは「駅弁」!(笑)
実は、仙台は「売られている駅弁の種類が日本一多い駅」なのです。

しかも、「こばやし」「ウエルネス伯養軒」「NRE」と3社が競合しているため、仮に「牛タン弁当」といったって、その種類は全部で6種類ぐらいになってしまうのです…。
ど、どれを選んだらいいんだー!(笑)。

…ということで、とても一回では選びきれないことがわかったため、初日の夕飯、おやつ、2日目の夕飯等、必死に機会を作って、食べ比べをしてみました。

<1日目夕飯>
 ・女将のおもてなし弁当(NRE)(仙台駅)
 ・とり弁当(伯養軒)(青森県・野辺地駅から移送)
 →うーん…どちらも悪くはないが、飛び抜けてもいない…(^_^;。おもてなし弁当は凝っているのだけど、なんとなく、すっきりしない、もやもや。
 →一方、野辺地のとり弁当も有名らしいのですが、特段感動するものではなくて、がっかり。(これだったら、甲斐の国よっちゃばれ鶏めし弁当の方が格段に美味い…)

<2日目おやつ>
特選炭火焼き牛たん弁当(こばやし)(仙台駅限定)
 →うん!これはうまい!温めるタイプでないですが、それがかえって美味しい気がする。牛タンの味付け、冷めても美味しく食べられるようになってます。さすが「こばやし」!三社のなかでは、「こばやし」が一番頑張っている気がする!!(笑)。

<2日目夕飯>(自宅に持ち帰って食べました)
牛肉どまんなか(塩)(新きねや)(山形県・米沢駅から移送)
・牛肉どまんなかサンド(新きねや)(仙台駅限定)
 →なんで仙台まで行って、「新きねや」(米沢)のお弁当を買っているのよ…と突っ込まれそうですが、「牛肉どまんなか(塩)」なんて、見たことなかったんで、これはこの機会を逃したら!…という危機感が働いてしまいました(笑)。特製塩だれをかけて食べるようになっていますが、美味しいですね!タレ味より、お肉の味がモロに感じられます!
 →「牛肉どまんなかサンド」はなぜか仙台駅限定。食パンの間に牛肉の具を挟んだだけですが、これがなかなかどうして、合います!。このメニュー考えた人、エライわー!と感心してしまった一品。


ということで、一番美味しかった「新きねや」の写真は、こちら。
Domannnaka_shio Domannnaka_sand



 

そういえば、海鮮系のお弁当は全然食べられなかったなーと思っていたら、その後、東京駅グランスタB1Fの「駅弁屋 極(きわみ)」で、けっこう仙台駅の弁当が入手できることが判明…(爆)。
でも、「どまんなか(塩)」はなかったので、これは食べておいてよかったー!(笑)

 

Hasekurayaki (余談)
ちなみに、仙台のお土産で、会社から買ってこいと言われたのは「萩の月」ですが、個人的にイチオシなのは、こちらです(笑)。
「支倉焼」
バター入りの生地に、胡桃入りの白あんが素朴で美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋保さいちのおはぎ(仙台)

久しぶりに、仙台出張がありました!
(たぶん10年ぶりぐらいです)

震災の影響はどれぐらいなんだろうか、町の様子はどうなんだろうか…と、ちょっと心配な部分はあるにせよ、仙台というだけで(いろいろな意味で)ワクワクするのも事実♪。

Hayabusa1104a まずは、なんたって東北新幹線「はやぶさ」でしょう!
手ぶれしていて残念ですが…

震災直前に導入された、新型車両E5系ですが、乗る機会がなくて、実は悶々としていたんです!
これに乗れる!…と思っただけで、この出張に行く価値があります!(笑)
でも、9/23より通常運行に戻ったので、特急料金が「はやて」等より300円高いんですよ(泣)。本人的には300円は全然OKなんですが、一応会社持ちなので、「えきねっと割引(えきねっと予約+指定席券売機受け取り)」というのを利用して、差額の300円を浮かせることに成功!(笑)(執念…)

早いですねぇ…、大宮-仙台間は70分ですよ。
座席ではいろいろと楽しめましたが、他の車両とかトイレとかを見に歩き回る余裕はなかった(泣)。うーん、今度こそは!(いや、仙台出張、今の部署だったら、もう絶対ないから…(爆))

仙台について、1時間ほど余裕があったので、駅の構内をざくっと巡って、「何がどこに売っているか」の下見(笑)。
翌日の帰りに、どのお土産をどこで、どう買うかのシミュレーションをするためです。

Akiu_ohagi00
歩いていたら、「食材王国みやぎ」の売り場に、なにやら人だかりが…
みなさん、何を争うように買っているのでしょうか…。
(張り紙にも、「木金土の11時~の販売、数量限定」とか書いてます)



Akiu_ohagi ←答えはこちら。
 「秋保さいちのおはぎ」

 
 

「へぇ…おはぎかぁ」と、じーっと見つめていた私の目の前で、何個のおはぎが減っていったことでしょうか。知らないおじいさんにも、「あんた、並んでるんか?並んでないなら、ワシが買うぞ!」的なことを言われ、「なんなんだー!この人気のおはぎは????」と半ばあっけにとられている私(笑)。

でも、ちゃんと売り切れる前にひとつ買いましたよ(笑)。
良心価格の200円。

ホテルに入って、ネットで調べてから、ようやく人気の理由がわかりました。
秋保(仙台市太白区)にある、スーパー「主婦の店さいち」さんで売っている、手作りのおはぎが大人気とのことで、それが仙台駅でも週末限定で入手できるので、知っている方が群がっていたのですね(^_^;。(1日平均5000個、多い日で2万個売れるらしい…)

普通のおはぎの1.5倍ぐらいの大きさに見えますが、1.5倍なのはあんこだけです。ご飯は普通の大きさのままなので、非常にあんこヘビーな状態ですが、食べてみるとあんこはそれほど甘くなく、豆の味がきちんと感じられるため、ぜんぜんくどくなく、ペロリ…と食べられてしまいます。

うん、確かに手作り感があって、美味しいおはぎなので、みなさんが一生懸命になる理由がわかりました(笑)。

ちょうど、売り始めてすぐの時間に店の前を通ったので、運良く買えたのですね。ラッキー!
…ということで、翌日は夕方にしか立ち寄れず、入手できなかったので、旦那さんへのお土産に買えませんでした!許してね!(笑)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノダコーヒの「クラブハウスサンド」(京都)

いきなり、肌寒くなってきまして、うっかり風邪などをひいていました(^_^;。
でも、私の場合は、「寒くなったから」ではなく、「仕事量の山場を越えて、少しヒマになったから(ようは油断)ですが…(爆)

ということで、少し前の内容ではありますが、池袋西武の催事「第43回 京都名匠会」に行ってみました。
京都といえば、おいしいものいっぱいあるよねぇ~とチラシを眺めつつも、「一番食べて見たい!」と思ったのがこちら。
写真見ただけで、「絶対美味しそう!」と、パン好きの血がメラメラ!(笑)。

Inoda03イノダコーヒ
「クラブハウスサンド」
(イートイン)
※催事は1,890円(本店・支店は1,780円)

「イノダコーヒ」は、京都のコーヒー・ショップとして有名ですね。
ちなみに、「イノダコーヒー」じゃなくて、「イノダコーヒ」だそうです。

もちろん「アラビアの真珠」を始め、オリジナルのブレンドコーヒーがとても美味しいお店だったことは知っておりましたが、こんな魅力的なサイドメニューがあるとは!(笑)
しかも量もたっぷりなので、これは2人で分けたほうが無難かもしれません。

実際には、キレイに並べられてカットされたサンドイッチは、どれを食べても美味しいっ!

パンの焼き加減、具の味付け、バランス、量、全部すばらしいです!
キュウリの切り方にも、こだわりを感じてしまうほど、美しさが!(笑)

…でも、一番上に乗っている、ベーコンがこれまた美味いんだー!

どこのベーコンだろう…と思ったら、HPにこんなコメントが…。
>当店のハムは、1925年創業以来、ドイツのハム職人「カール・ブッチングハウス氏」の伝統製法を引き継いだ、茅ヶ崎の「ハム工房ジロー」のボンレスハムを使用しております。

ハム、ベーコンだけではなく、ウインナー類も充実のお店のようですね。
ミュンヘナーブルストも売っている!すごい~♪
これは、一度入手してみなければ!(笑)

Inoda02
Inoda01もちろん、コーヒー類も美味しいです。
器の厚みがちょっと厚くて、しかも量がたっぷり!飲み応えあります。



ちなみに、イノダコーヒの支店を見ると、京都(6店舗)以外は、大阪に1店舗、広島に1店舗、東京に1店舗、そして、札幌に3店舗だそうです。
…なんで、札幌にそんな手厚く出店しているのかが、実は謎!(笑)
もちろん、殆どの支店で、サンドイッチ類は食べられるようです。

個人的な謎としては、「なぜ、イノダコーヒが京都で人気なのか」…が、よくわかっていないのですが、飲んで満足、食べて満足…というのが、非常に重要な要素だ…というのは、わかるような気がします。
(と思ったら、おもしろい説を紹介している人がいたので、こちら→「イノダコーヒに見る京都人気質」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »