« どうしても食べてみたい!「寒ダラづくし」(山形県あつみ温泉) | トップページ | 叶匠寿庵の「春の小筥」と「叶ロール いちご」 »

2013年3月 4日 (月)

アル・ケッチャーノで、冬の庄内の味覚を満喫!(山形県鶴岡市)

今回の旅行の、第三の目的地。「冬のアル・ケッチャーノ

昨年の5月に来訪し、その素材の美味しさと料理を堪能した我々ですが、庄内の味覚は、春夏秋冬それぞれが特徴的で、美味しいんですよねぇ…(^_^;。

…ということで、「また違った季節に来てみたいなぁ」と密かに狙ってはいたのですが、まさか、次が「冬」だったとは想像外(笑)。
雪が降るので、冬が一番アクセスが難しいと思っていたのです…(^_^;

でも、今回あつみ温泉(鶴岡市)まで来たなら、もうアル・ケッチャーノは目と鼻の先!(すでに同じ市内です…(笑))
やはり、ここは足を伸ばさねば!きっと後悔する!!!(笑)

Yamagata2013win01 …が、この日の鶴岡市は、今年に入って何度目かの
「大雪」

←市内の様子。木や信号にまで、すごい積もってます。

肝心のお店が開いているか、直前まで心配しましたが、開いていました。
…よかったです(^_^;。

==============================

さて、冬の庄内満喫「シェフおすすめコース(1万円)」です!

Alche20 「ホタテのヒモとセロリのフェデリーニ カラスミ添え」
ホタテの旨味とセロリの香味とシャキシャキ感が楽しい、オリーブオイルを使った冷製パスタ。すごくシンプルな組み合わせだけれど、塩加減が絶妙で、旨味がぎゅっと詰まっていて、美味い!。

Alche21 「庄内麩とマグロのタルタル 赤ネギのマリネと竹炭塩添え」
「庄内麩(板麩)」をクラッカーのように香ばしく焼いて、上にタルタルを乗せて食べる…という発想がすばらしい!麩の香ばしさと上のタルタルのタマネギのシャキシャキとマグロのねっとり感のハーモニーが幸せ~♪和風素材の麩が、こんなに洋風に変身できるとは、びっくりです!

Alche22 「白菜のスープ コンソメジュレ、ウニ添え」
甘みがぎゅっと詰まった白菜をポタージュにしたとのこと。白菜だけでもクリーミーで甘いのですが、「コンソメジュレ」を溶かしながら食べると、これまた旨味が増える!更に、「ウニ」を溶いて食べると、更に味が変身する!(櫃まぶしのように3段階で楽しめる…?(笑))

Alche23 「牡蠣と柿酢とエシャロットとイエローパプリカピューレ」
最初、下の黄色いのは「柿?」と思ってしまったのですが、パプリカピューレでした(笑)。山形県遊佐町は、パプリカ生産者数日本一なんだそうです。ちなみに柿酢も、JA山形が作っている特産品です。
新鮮な牡蠣と柿酢の酸味と、パプリカのほんのりとした甘さで、さっぱりと食べられる一品。(ただし、マガキは山形では捕れないので、広島県産…(笑))

Alche24 「山形県産はえぬきで作った白子のリゾット 蕪とトリュフ入り」
やった!冬の新鮮な鱈の「白子」入り!
実は同じメニューを東京のサンダンデロでも頂いたことがありますが、やはり白子の鮮度、味付け加減、蕪への火の通し方…いろいろなものが少しずつ違っていて、別格の料理に感じます。距離的なハンデは仕方ないですよね…

Alche25 「ノドグロのソテー 長芋のバルサミコソテー添え」
ノドグロ(赤ムツ)も、山形で採れるんですね。鮮度がよくて、適度に脂がのっているけど、表面がカリっ!と焼き上げてあって香ばしい一品。なにげに、下の山芋も味が濃いです(笑)。

Alche26 「丸山さんの羊のスペアリブ 雪室じゃがいものオーブン焼き添え」
極上!丸山さんの羊!しかも、スペアリブなんて滅多に食べられない部位なのが、嬉しい!ワイルドに、骨ごと持ってかじりつきます。じゅわわわ~と肉汁と脂がでてくるのですが、それを吸った「雪室じゃがいも」が、これまた甘くて、美味しい!多分、私のベスト皿はコレ!(笑)

Alche27 「井上農場のスーパー小松菜のスープ サザエ入り」
スーパー小松菜は品種名ではなく通称(笑)。それだけ元気があって、味が濃い…ってことですね。小松菜の苦みとサザエの苦みを合わせて、マリアージュさせているとのこと。多分、水と小松菜とサザエと塩とオリーブオイルだけ…だと思うのですが、素人の足し算では作れないすばらしいバランスです。これで口の中の、羊の脂をさっぱりさせてくれます。

Alche28 「魚介のタリアッテレ ルッコラ添え」
ルッコラが元気過ぎて、下のパスタが見えない(笑)。でもそんなルッコラに負けないほど、魚介類の味が凝縮してます。手打ちパスタなので、ソースの味をうまく吸収してくれるんですね~。

Alche29 「山伏ポークグリル 米沢の雪菜(生・焼)添え」
山伏豚も羽黒の特産品。肉質と特に脂が美味しい(けどしつこくない)。グリルにしてあるので、香ばしさと脂の美味しさを堪能できます。添えてある「雪菜」も米沢の特産。生だとほんのり苦みがあり、加熱すると甘みがでてきます。あえて、両方楽しめます。

Alche30 「地元産の鴨のロースト あさつき添え」
地元産=ここの辺で捕れたってことだそうです。美味しいジビエもバシバシと捕れるんですね…(^_^;。
メニューには「黒森のウサギ」もありましたが…

あと、関東で見るあさつきと、このあさつきは違う。自生のあさつきは味も香りも独特の美味さがあります!

Alche31 「リンゴをつかった、季節のデザート」
左は、リンゴのキャラメリゼとバニラジェラード
右は、リンゴビューレ入りムース シュー生地添え
さすが果物王国山形。リンゴも甘くて美味しい♪。…でもわがままを言えば、苺も採れるハズなので、苺のデザートでも嬉しかったなぁ(笑)。

Alche32

「アルケッチャーノのバレンタインチョコレート」
季節柄(?)、デザートにチョコレートが添えられていました。

左は、「かやの実チョコレート」
右は、「だだちゃ(枝豆)生チョコ」
…まずは、「かや(榧)の実」って食べられるんだ、という驚き(笑)。実は、あつみ温泉の名産だそうです。榧は、将棋盤や碁盤の材料としては有名です 
かやの実は、カリッとしていて、少し木の香り(笑)。種子にしてはあっさりとしていて、甘さを控えたショコラと良く合っています。だだちゃ生チョコは、まんま「枝豆+チョコ」でした(笑)。

しめて、13品の庄内の幸を、堪能させていただきました!(#^_^#)。ごちそうさまでした。

冬は厳しい地域で、大変なことも多いと思うのですが、この食材の豊富さと美味しさは、本当に羨ましい限りです。
(次の野望は、…ですよね!?(笑))

=================================
(おまけ)
食事をしている間も、は降り続け、店を出る頃には駐車場も道路も真っ白!
スタッドレスタイヤだったにもかかわらず、雪深いために駐車場で車が動かなくなりました (゚ロ゚)!!車輪がむなしく空回り…

関東育ちの私は、生まれて初めて、「雪の中で発進させるために、後ろから全力で押す」という貴重な経験をしました(笑)。
スタックしちゃうと、「人力で押す」っていうのが、一番有効なんですね(苦笑)

Yamagata2013win02


←うわぁぁぁ…世界が白い!
 すでに、どこが道路か、わからなくなってます…(゚ロ゚)!


でも、山形道から東北道に合流したあたりで、雪はまったく見えなくなってしまったのでした。地域差…って恐ろしい(^_^;。

|

« どうしても食べてみたい!「寒ダラづくし」(山形県あつみ温泉) | トップページ | 叶匠寿庵の「春の小筥」と「叶ロール いちご」 »

コメント

ブログを見て面白かったのでコメントさせて頂きました(^ω^)
もしよかったら自分のブログも見てくださったら嬉しいです★
http://daisuke0927.seesaa.net/
ちなみに料理レシピのブログです!!
これからちょくちょく拝見させて頂きます★
よろしくお願いします(^ω^)

投稿: | 2013年7月 1日 (月) 03時05分

コメント有り難うございました!。
ブログも拝見いたしました。手軽に出来そうなメニューが載っていましたので、メニューに悩んだら、またお伺いさせていただきたいと思います。

投稿: | 2013年7月22日 (月) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186611/49822462

この記事へのトラックバック一覧です: アル・ケッチャーノで、冬の庄内の味覚を満喫!(山形県鶴岡市):

« どうしても食べてみたい!「寒ダラづくし」(山形県あつみ温泉) | トップページ | 叶匠寿庵の「春の小筥」と「叶ロール いちご」 »