« 叶匠寿庵の「春の小筥」と「叶ロール いちご」 | トップページ | 「はやぶさ“グランクラス”+スーパーこまちに乗ってきました! »

2013年3月29日 (金)

「ローストビーフの店 鎌倉山本店」と江ノ島(鎌倉市)

「ローストビーフの店 鎌倉山」という店の名前を知ったのは、中学生か高校生の頃。まだ食べ盛りだった私は、ローストビーフ専門店という表記を見つけ、胸が小躍りしたのを覚えています。

私: 「お父さん!!『ローストビーフの店、鎌倉山』ってお店、知ってる?!」
    (心の声: あわよくば、お父さん、連れていってくれないかなー!

父: 「うん、行ったことあるよ。とっても美味しいよ」

私: 「へぇぇぇ…いいなぁ………(期待の沈黙)………」

父: 「………(話題が終わった沈黙)………」

私: 「………(話題が打ち切られたショック)………(;д;)
   (心の声: お父さん、自分だけ食べてズルイよ!!子供
は食べさせてくれないの?!

と、子供心に悔しい思いをした会話を、未だに覚えている私って…(笑)。
食べ物の恨みって、スゴイですねぇ…。いや、私の執念と記憶力と言うべきか…(爆)

その時から、「絶対いつか行くぞ!」と密かな野望を抱いておりましたが、ようやくその夢が実現することになりました!
約30年ごしの野望達成に、心なしか感無量です(笑)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実際、「鎌倉山」というロケーションが、我が家から遠く、かつ最寄り駅からも遠い…というハードルがありまして、殆ど小旅行の気分。
神奈川県自体に、なかなか足を踏み入れる機会も少ないし…(^_^;

Kamakurayama00 大船駅からタクシーで、ようやくお店に到着。

ウエディングもできるとのことで、ちょうど当日も、素敵なお庭で親族写真撮影が行われていました。

←レストランでは、お庭に面した窓際にだけ、テーブルが置いてあります。
 奥に見えるのは、個室エリアです。
 

Kamakurayama01「オニオンスープ」
やさしいコンソメ味。どちらかといえば、あっさり目ですが、丁寧に作られている感じ。

 

Kamakurayama02「オードブル左からホタテ貝柱、バイ貝、鯛)」
お肉専門店でありながら、オードブルは魚介類オンリー(笑)。
しかも見たまんま、刺身盛り合わせなのですが、ひとつひとつの鮮度が高くて、味は絶品!

Kamakurayama03 Kamakurayama04←帆立(拡大)(左)/バイ貝(拡大)(右)
もちろん醤油でも美味しいのですが、真ん中にある、チリソースがオススメ!帆立もバイ貝もタイも、よく合うんですよ…!しかも魚介類の味が、引き立つ!むむむ…!

Kamakurayama05 Kamakurayama06 さぁて、メインのローストビーフです。
ワゴンにのって、塊ごと席の近くにやってきます。

←シェフ姿の方が、その場でカットしてくれます。
 (でも、「厚めに!」とか気軽に言えない、粛々とした手さばき)

 


Kamakurayama07 「メインのローストビーフ」 
おー!すばらしくサシの入ったお肉です。
カットする瞬間、「薄っ」とか思いましたが、これだけのサシだと、多分適量なんだろうなと。
この肉質と量で満足するような、大人のための店なのかも(笑)。肉の重量で食べ応えが欲しい年代は、来ないほうがいいなぁ(← 当時、父が子供を連れていこうとしなかった理由なのかもなぁ…苦笑)

さすが、お肉の味はゴージャスです。絶妙の火入れと、トロッと舌の上で溶けていく牛脂♪。
上のソースは、醤油味とコンソメ味が選べますが、肉の味を楽しみたいならコンソメ味。しっかりとした味付けが欲しいなら、醤油味がオススメ。
個人的に、テーブル上にあった「塩」を振りかけるのも、美味しいです!

なにげに地味に見える付け合わせも、びっくりする美味しさ。
ニンジンのグラッセは、びっくりするほど甘いし、じゃがいもホクホクで味がしっかりしているので、満足感は高いですよ!。

Kamakurayama08 サラダ 
みずみずしいレタスとその他野菜たち。
しかし、本当にちょこん(量)…。たぶん全体的に、「量」より「質」に重きがあると思われます(笑)。

Kamakurayama09 さて、デザートもワゴンサービスです。
たくさんの中から、2つ好きな物を選ぶと、シェフが盛り合わせてくれます。
(フルーツも選べます)
選ぶ楽しみはありますが、これまたポーションは小さめです(笑)。

Kamakurayama10 Kamakurayama11 Kamakurayama12 「デザート 
洋梨のタルトと苺のショートケーキ(左)
タピオカ入りプリン(中)
マンゴー(右)

…うーん、デザートに関しては普通です。

旦那:  「で、30年越しの野望の味は、どうだった?」
私:  「えへへ…(#^_^#)。美味しかったぁ!満足!」

料理だけでいえば、コストパフォーマンスに疑問を感じる人もいるかもしれませんが、こういうお店は、料理・味・雰囲気・建物・サービス…等々の、総合的なお値段なのかもしれません。
逆に言えば、そういうことに価値を感じない人は、来なくてもいいです…という、店側の意思みたいなものも、感じます(笑)。
(実際に、個室以外は小学生未満は入店不可…ですしね)

おそらく、このスタイルのまま、何十年と続けているのだと思うので、今後「不易流行」としてどう残っていけるか、頑張りドコロなのかもしれません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
帰りは、腹ごなしを兼ねて、徒歩で山を下りてきました。

この辺の地理がよくわかっていなかったんですが、すぐ近くに「江ノ島」がある!

Enoshima02←江ノ島の展望台から、鎌倉方向を望む。

初めて江ノ島に上陸したのですが、珍しく天気が良く、見晴らしもすばらしかったです。
そうか、これがいつもNHKニュースで写っている江ノ島からの眺めかぁ!(笑)

Enoshima01
そして、生まれて初めての「江ノ電」にも乗りました!
床板が木造なのにびっくり。

 

いきあたりばったりでの散歩でしたが、色々と発見があって、楽しかったです。
(やっぱり、小旅行になってますね…(笑))

私にとっては、残念ながら行く頻度も、土地勘も低い神奈川県ですが、これからは少しは行きやすくなりますでしょうか…
(東横線と副都心線が繋がったので、ちょっと選択肢が増えそうです♪)

|

« 叶匠寿庵の「春の小筥」と「叶ロール いちご」 | トップページ | 「はやぶさ“グランクラス”+スーパーこまちに乗ってきました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186611/50999193

この記事へのトラックバック一覧です: 「ローストビーフの店 鎌倉山本店」と江ノ島(鎌倉市):

« 叶匠寿庵の「春の小筥」と「叶ロール いちご」 | トップページ | 「はやぶさ“グランクラス”+スーパーこまちに乗ってきました! »