« 能古島の天然あさり(福岡県福岡市) | トップページ | 八ヶ岳南麓のブルーベリー狩りと穴場カフェ「和蔵」(山梨県長坂町) »

2013年6月16日 (日)

QUEEN BOISEの「林檎の誘惑」(福岡県遠賀町)

池袋東武の「福岡物産展」の戦利品、その2!

Queenboise01
QUEEN BOISE(クイーンボアーズ)
  
「林檎の誘惑」
 (福岡県遠賀郡遠賀町)

…また読めない地名が出てきました(泣)。
遠賀「おんが」と読むだそうです。
ちなみに、福岡県の「○○町」の中で、唯一「町(ちょう)」と読む町だそうです。←トリビア

位置としては、北九州市と福岡市の中間(やや、北九州より)にある、自然豊かな町とのこと。昔、北九州に行ったときに一度通ったらしいのですが、私の記憶にはあまり残っておらず…(^_^;)

そんな緑豊かな町にある洋菓子のお店が、福岡物産展に出展。

Queenboise02試食をさせていただいたのですが、この上に乗っているリンゴが美味しくてびっくり!

←まず分厚い(笑)

しかも焼き菓子なのに、まるでコンポートのようにリンゴがフレッシュに仕上がっているのがすばらしい!
食べると、シナモンの香りと、ふくよかなリンゴの香りが鼻をぬけ、その後、じゅわーっとリンゴの密が溢れてきます。
りんご好きには、たまりません~♪

しかも土台のケーキ生地も、重すぎず、軽すぎず、上のジューシーなリンゴをしっかりと受け止めています。おそらく下がタルト生地だと、くどくなりそうですが、このケーキ生地がほどよい軽さを出しているので、ポイント高いです。

個人的には、冷やして食べるのが、美味しいと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なお、このケーキを食べて感じたのは、「素材へのこだわりと丁寧な製法」と、「気軽に食べてもらいたいというお手頃感」との、微妙なバランスの良さ!

例えば、美味しくしようと、どんどん手を入れることはできますが、
手を入れすぎれば、「素材のフレッシュさ」からは遠ざかりますし、バターや生クリームを使って重くなりがちになり、お値段もそれなりに高くなっていく…。

もちろん、きちんと手はかけているのですが、過度になる手前の「寸止め感」がとても上手だな…という印象でした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということで、数日後にもう一度訪問し、他のお菓子も買ってみました。

Queenboise03バナナカップケーキ(左)
  伊予柑ケーキ(右)

バナナカップケーキは、バナナの風味が豊か!でも、バナナケーキにありがちな、ねっとりとした生地ではなく、ほどよい軽さと食べ応えが両立しています。上の香ばしいクルミとの相性もすばらしいです。

伊予柑ケーキも、伊予柑のピールと果汁が入っているため、爽やかな柑橘類の風味が、口の中に広がります!もちろん、生地も美味しいです!

(^▽^)この店のお菓子はどれを食べても美味しいし、幸せな気持ちになります。

こんなに美味しいのに、物産展ではあまり目立つ位置ではなかったため、もったいないな~と思いました。
でも、懲りずに来年もぜひ、来てくださいね!(買いに行きます(笑))

|

« 能古島の天然あさり(福岡県福岡市) | トップページ | 八ヶ岳南麓のブルーベリー狩りと穴場カフェ「和蔵」(山梨県長坂町) »

コメント

たまりませぬぅ。
リンゴにシナモンの香り食べたいぃ!

素材をイカした品を作るのは大変な仕事ですね~それが くろひつじさんの文章から美味しさと共に伝わってきます。
リンゴのお菓子を食べたいと思ってもアップルパイになってしまいます。
私、パイ生地もリンゴも好きなのにリンゴだけホシ"ホシ"(笑)
来年 出店しててほしいですね~
本当に林檎の誘惑だわ~

投稿: コロコロ | 2013年6月16日 (日) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186611/52052356

この記事へのトラックバック一覧です: QUEEN BOISEの「林檎の誘惑」(福岡県遠賀町):

« 能古島の天然あさり(福岡県福岡市) | トップページ | 八ヶ岳南麓のブルーベリー狩りと穴場カフェ「和蔵」(山梨県長坂町) »