« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月18日 (金)

ジュヴァンセルの池袋西武限定「京彩三昧」(京都市)

前回より、だいぶ間が開いてしまいました。スミマセン…(>0<)。
8月後半から、職場環境の激変があり、自分の居場所をなんとか確保せねばならず、東奔西走しておりました(;´д`)トホホ…。
10月に入り、なんとか新しい環境にも落ち着いてきましたので、またBlogを再開しようと思います。

あとは、自宅のPC(Thinkpad)がお亡くなりになってしまったのも、大きかった……(爆)。
しかたなく、新しいPCを買ったのですが、これがWin8!。しかもキーボード配列が違う!
あまりの使い勝手の格差に、「わけわかりません」状態に!。
うーん、Thinkpadのキーボードって素晴しかったんだー!(笑)。
 →みなさん、PCはスペックだけで選ばない方がいいですよ…(爆)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

…ということで、久しぶりのネタは、本日(10/17)より始まった、
「池袋西武」
「京都名匠会」から。

今回は、京都菓子司のジュヴァンセルが、久々の東京出店ということで、非常に楽しみにしておりました。

ジュヴァンセルといえば、代表菓子である「竹取物語」が、本当に美味しくて幸せなのですが、実は生菓子(ケーキ)もなかなかに美味しいお店です。

でも、東京への催事自体が少なく、「今回は生菓子はありません(焼き菓子のみ)」という場合もあって、残念な思いもしてきたので、今回の西武は非常に貴重な機会です!

Juvansel02しかも、今回は池袋西武出店のために、新しいオリジナルの
生菓子を用意してきてくださいました。

京彩三昧

宇治抹茶のスポンジ生地に、水尾の柚子を使ったクリーム、
黒豆と栗をやわらかくサンド。
上にはホワイトチョコレートのコーティングで仕上げました。

これは、ゲットするしかない!(笑)

Juvansel01
←天板のホワイトチョコレート部分に、かわいいドット柄が!

しかし、柚子クリームチョコ抹茶
合わさると、どういう味になるんだろうと、興味津々です。

食べた瞬間にまず感じるのは、柚子。思わず、「お!」と声を出してしまいます。

でも、ふわっと香る程度のほのかな感じなので、全体の味のバランスを崩すほどではありません。味自体は、ジュヴァンセルが得意とする、抹茶黒豆の印象が強いです。

スポンジは軽めの仕上がりですが、意外に上のホワイトチョコレートが主張します。

…うーむ、いろいろな個性をもった素材が、それぞれ絶妙のバランスで一緒に合わさっているな…という、「妙」さを感じるお菓子です。

生菓子系は、こういった組み合わせの妙を生かした、挑戦的なお菓子を作ることが多いようですね。逆に、焼き菓子は、ドシ…っとした安定感が強いのが特徴です。

言うなれば、生菓子でいろいろと冒険はするけれど、最後は「竹取物語」に戻る…ってことですね…(笑)。

でも普段、ジュヴァンセルはネットでしか入手できないしな…と思っていたら、東京にも常設店が1つあることを発見!
(でもジュヴァンセルのHPには出てこない…爆)

新宿高島屋(B1F)の洋菓子エリア
 →ぱっと見のフロアガイドでは、見つからないのですが、ブランド検索をすると出てきます。

生菓子系も扱っているのか不明なので、今度一度、店舗を見に行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »