2013年8月14日 (水)

八ヶ岳南麓のブルーベリー狩りと穴場カフェ「和蔵」(山梨県長坂町)

ようやく、「夏休み」に入ることが出来ました!
久しぶりの更新です。申し訳ないっ!(>_<)
 …ということで、ちょっぴりアップが遅くなってしまいましたが、7月のネタです(笑)。

去年、山梨県長坂町で買ったブルーベリーが、とても美味しかったので、
今年の野望は、ぜひ「ブルーベリー狩り」に挑戦したい!(笑)

今回お邪魔したのは、「八ヶ岳ブルーベリーファーム」さま。
八ヶ岳南麓ブルーベリー組合の中でも、全部の農園がブルーベリー狩りを実施しているわけではないので、事前にココでチェックが必要です。

ブルーベリーも色々な品種があるのですが、500円玉サイズにもなる「チャンドラー」という品種がやはり食べてみたい!

私 「チャンドラーという品種もありますか?」

農園の方「ありますよ…、でもチャンドラーは大味なので、今は
       レイトブルーとかのほうが、甘くて美味しいですよ。
       ま、どうぞ食べ比べてみてください
 (´▽`)/」

Yatugatake_bb03
なんと!農園の中に生えているブルーベリーは、どの品種も
「食べ放題」(太っ腹!)

ブルーベリーは低木なので、収穫はし易いのですが、うっそうと茂っている葉を避けながら、「熟れている実」を探します。

 

Yatugatake_bb02たしかに、「チャンドラー」の実は大きいです!

←持って帰ったチャンドラーと500円玉の比較

でも、食べ比べてみると、香りや甘みは確かに「レイトブルー」などの、他の品種の方がぎゅっと詰まった感じがします…(農園の方のおっしゃるとおり…(笑))

また、同じ品種でも、熟れ方によって味も全然違うことが判明。
やっぱり、木の上で熟したものが、美味しいっ!

結論→「どんな品種でも、ちょうど熟れ頃になっているものを、
     採れたてで食べるのが美味い!」

Yatugatake_bb01摘んだブルーベリーは、量り売りしてくれます。
大きなケースで、約100gです。

←でも、この時点で、すでに品種はごちゃまぜに…(大笑い)
   (若干、左側にチャンドラーが固まって入ってますが…)

今回は250g持ち帰りましたが、全部生食で、我々のお腹に納まりました(笑)。
=================================
そして、八ヶ岳ブルーベリーファームの方から、「いい感じのカフェがあるんですよ」と教えて貰ったのが、こちら。

Wakura01「和蔵珈琲店」

畑の中にポツン…とあるカフェ。

でもロケーションに反して、たくさんの車が止まっていています。

 

 

Wakura02

これが、オススメの「サンドイッチセット(\1,000)」

限定数とのことで、ドキドキしましたが、無事に最後の「2食」にありつきました!(笑)。

 

 

Wakura03

「卵のホットサンド」(左)
  「ポテトサラダのホットサンド」(中)
  「野菜とロースハムのサンド」(右)
  「フルーツヨーグルト」(奥左)
  「お任せスープ」(奥右) 
2種から選択

今日のスープは、「塩麹とジャガイモの冷製スープ」「さつまいもと牛蒡の豆乳スープ」からの選択でした。 

派手さはないけど、ひとつひとつが丁寧につくってあり、とても美味しいっ!。
またサンドイッチのパンが美味しい!!!

→パンも焼いているんですか?と伺ったら、アップルパイで有名な「パイの家エムワン」の横にある、「パンの家エムワン」のパンとのこと。
(パイの家エムワンは知っていましたが、隣りにパン屋があったなんて!気が付かなかった…)

あとは、デザート2種から選択と、お飲み物です。

  Wakura04 Wakura05
こちらは珈琲屋さんなので、できたらこだわりのコーヒーを選択するのがオススメですが、紅茶も唸るほどに美味しくいれてくれます(笑)。

たしかに、コスパと満足度が高い!!

テラスで食べると、田園風景を「ぽけー」っと眺めながら、非常にゆったりとした時間を過ごすこともできますし、店内は木造の重厚感溢れる雰囲気で、落ち着いて過ごすこともできます。

非常に、すばらしいお店を教えていただき、有り難うございました!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(おまけ) 

Wakura_pannoieさっそく、帰りに入手しました(笑)。
←「パンの家エムワン」
 黒米入り食パン(左)と、普通の食パン(右)。

 トーストが美味しかったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

「五感」北浜本館の喫茶室(大阪市中央区)

たまにしか会えない友人たちと、久しぶりに女子会…もとい、女史会をすることになりました。
※参加者の面子を見ると、女子会…じゃなくて、女史会っぽいので(笑)

→みんなが集まるのに、至便なところ
→ゆっくりと話し込める雰囲気 (長居をしても追い出されないこと…(笑))
→もちろんスイーツが豊富でおいしい
→ランチメニューにも、もちろん手抜きがない
→コスパがいい

    など、もろもろの条件をクリアするお店を選ばなければ(笑)。

今回の会場は、大阪の友人の希望で、
「五感」北浜本館(喫茶室)

北浜駅から約4分ぐらいのところにある、「五感」北浜本館は、大正11年建築の重厚な雰囲気の建物。皇居二重橋や奈良ホテル等を設計した、河合浩蔵氏の設計だそう。

空間を贅沢につかった店舗(1F)や、柔らかい雰囲気の喫茶室(2F)など、どこをみても、「ほぉ…」と感嘆の声があがります。

メンバー3人とも、「喫茶室」に行くのは初めて!

私  :「喫茶室って、食事じゃなくて、スイーツだけしかないってことはないですよね?」

友人:「大丈夫ですよ!食べログに、ランチがあるって書いてありましたから!」
     (密かに色々とチェック済み…?(笑))

友人:「○○さん(私)、心配だから、事前におにぎりを食べておこうかとか、言ってましたよね」
     (うわー、ばらしちゃぁ嫌だ~(笑))

…大丈夫です。ランチメニューありました(笑)。

Gokan01 ランチプレートB
季節の野菜キッシュとクロワッサンセット」
(ドリンク付き)
ちなみに、プレートAは「キッシュ2種」、プレートCは「クロワッサンとブリオッシュ」。
(両方のいいとこ取りが、プレートB…ってことです(笑))

写真には写っていませんが、ドリンクは、「京都美山産の牛乳で煮出した、ムジカのミルクティー」を注文。
これまた、良質牛乳&ムジカの紅茶…という、私のツボを押さえています!!

このランチプレート、さすが「五感」というべきか、非常に一つ一つのクオリティが高いのです!

→クロワッサンは、香ばしい香りで、パリパリ&サクサク!(でも油っこくない)
→ハムとチーズも選び抜いたお味。。
→減農薬のサラダも、さわやかなドレッシングで和えて、パンにハムチーズと一緒に挟んでもGOOD!
→キッシュも、具だくさんで、かつ塩加減も絶妙で、卵のコクがあります!
→プチスーツも、和三盆のふんわりとした甘みが美味しい!

でも、それにプラスして、スイーツを頼んでしまうのが、女史会なのよね(爆)。

しかも、見本のケーキが15種類ぐらいある!
(そこからチョイスするって、拷問のよう…(笑))
でも、ようやく、食べたいものを決めました。

Gokan02 Gokan03
←「洋なしのシブースト」
(アップで、パチリ)
※全員、違う種類のスイーツをチョイス。んで回す…と(笑)

これも非常に幸せになるような、美味しさ!
五感って、焼き菓子も、生菓子も、タルトもパンも、何でも美味しいんですね!

さすが、人気のお店。…いいチョイスでしたねぇ

でも、一番すごいなぁ…と思ったのは、「長居をしても何も言われないし、プレッシャーも受けないこと」。
ご厚意に甘えて、4時間もお邪魔してしまいました…すみません(笑)。

これだけのために、大阪日帰りでしたけれど、笑いあり、美味しさあり…の濃い時間を満喫してきました。
やっぱり、Face to Faceって、いいですねぇ~♪。

==============================
<おまけ>
Gokan05_2
旦那さんへのお土産
←米粉を使ったロールケーキ「栗」

最近、クリームが主張するロールケーキが多いと思うのですが、これは断然「生地」が主張しています。米粉をつかって、ふんわりサクサクって感じ。でも、中のクリームや栗も存在感があって、美味しいです!

でも、本当はクロワッサンが美味しかったから、それも買いたかったなぁ…(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

「麦音」で十勝産小麦100%焼きたてパンの朝食を!(帯広市)

フェリーで小樽に上陸したのが、5時ちょい前
この時間では、お店も開いていないので、まずは東に向かって、走り出します。!

実は、昨年の10月に、道東自動車道(夕張IC~占冠IC)が開通し、いままで分断されていた高速道路が、やっと繋がりました!
これで、小樽・札幌方面から、道東への移動が、かなり楽になるのです。

…ということで、小樽より、ざくっと230km走ると、帯広(約2時間半で着く…(笑))
道東では大きな街で、十勝地方の中心地となります。
「銀の匙」のエゾノーの舞台でもあります…(笑)

あらゆる農畜産物が生産されている十勝(カロリーベースの食糧自給率は、1100%!ですが、なかでも、小麦の生産が盛んです。
(全国の小麦作付面積の半分が北海道ですが、十勝の作付面積だけで全国の22%にあたる)
質の良い国産小麦が、たくさんとれる…となれば、美味しいパンやさんや、美味しいお菓子やさんが多いのも、頷けます。

中でも、十勝産小麦100%のパンにこだわって、朝早く(6:55)から開店してくれる、神様のようなお店。

「麦音」(満寿屋商店)
ますやグループのフラッグシップ店です。

Mugioto_niwaしかも、イートインコーナーもあり、テラスからは気持ちのよい庭を眺めながら、食べることができます。
朝一番のテラスは、贅沢な避暑地で、ご飯食べているかのよう…(笑)

←「麦音」のテラス
 (むこう側に小麦畑が見えます)

開店してまだ30分でしたが、あらゆる焼きたてパン、作りたてサンドイッチが並ぶ店内は、圧巻!朝早くから、お客様をお迎えする気合いが、すごいです!(笑)。
衝動的に、トレイにどんどん乗せてしまうので、気が付いたらすごい量に…(笑)

なかでも、今回のイチオシ!
Mugioto_bread01「とかち牛カレーパン」
今まで経験したことのない、美味しさ!!!

今までカレーパンというものを、ナメていたかもしれません…ごめんなさい(笑)。

 Mugioto_bread02_2特筆すべきは、そのパン生地
かじった時に、「カリッカリ!」と音がして、「サク!」+「モチ!」と噛みごたえがある、カレーパンは、初めてです。
断面を見ると、ほんのり甘みのついたパン生地が、絶妙な厚みです。これが、揚げたときに、パン生地全体がカリッカリ!に仕上がるのです。
もちろん薄くても、パン生地の味は中のカレーに負けてません。
しかも、中のカレーの具も、肉やら豆やらゴロゴロ…。うーむ、グレイト!

その他、サンドイッチたち

Mugioto_bread06「カスクルート」(フランス風サンドイッチ)
カマンベールチーズとベーコンとレタスのシンプルなサンドイッチ。でも思わず、中のベーコン厚っ!!
具の中味が、全部十勝の農産物で賄えそうな、十勝サンド!(笑)

Mugioto_bread05「牛パストラミのチャパタサンド」(イタリアパン使用)
塩味のシンプルなパンに、多分とかち牛で作ったパストラミハムを挟み、これまた十勝のフレッシュな野菜(レタス、きゅうり、タマネギ)、チーズ、マヨネーズを挟んだサンドイッチ。うぅぅぅ…野菜も美味しい。

Mugioto_bread04_2「パニーニ」(イタリア風ホットサンドイッチ)
生ハム、ルッコラ、チーズ入り!。季節によって、パニーニの具は色々と変わるようです。
隣に置いてあった、「カプレーゼ パニーニ」も食べたかったなぁ…

これまたチーズがほどよく溶けて、生ハムの塩味とルッコラのクセが合わさった、美味しいサンドイッチ!

定番の石釜焼きのピザ!
Mugioto_bread03_2「鉄板ピザ」
ベーコン、枝豆、コーン、タマネギ、チーズ…と、十勝具材たっぷりなピザ。もちろん、焼きたてなので、幸せのあまり、笑っちゃいますよ!(笑)。

やっと、普通のパンたちが登場…
Mugioto_bread08_2「たっぷりクルミパン」
ふわふわ生地にたっぷりのクルミ!
形状は都内でも売っているクルミパンそっくりですが、その食感は別物!きっと、歯のない人でも食べられるかも…と思うほどに、ふわっとソフト!

Mugioto_bread07「マロンチャパタ」
マロンがごろごろと入った、チャパタパン。
こういう生地のパンだと、小麦の美味しさが際だちます!
そのまま、モグモグ…と、お腹に入っていきます(笑)。

Mugioto_coffee_2 ちなみに、コーヒーは無料サービス♪。
もちろん、十勝のあすなろファーミング「あすなろ牛乳」も置いてあります。やっぱり、朝は牛乳がないと、目が覚めないですよね!(笑)そんなことに拘っているのは、私だけだろうか…

さて、腹ごしらえも出来ましたので、この後は、ようやく観光です…多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

昭和の香りのパンやさんに出会う「うさぎや」(ふじみ野)

どこの地域も同じ問題があるかもしれませんが、中規模の系列スーパーや、複合的な大規模ショッピングセンターがどんどんできて、便利になってくる反面、こういった新興の商業施設が拡大するってことは、元々あった地元の商店街が圧迫されて、寂れてしまう…といった、弊害があることも事実。

さて、東武線のふじみ野駅は、平成5年に新しくできた駅ですが、もともとは川越街道沿いに「大井宿」があったため、どちらかというと、街道沿いのほうが先に開けていたようです。そのため、駅前よりは、街道の近くに小規模の商店街が結構あるのです。

Usagiya01今回訪ねたのは、ふじみ野市緑が丘(ビバモールの南東隣り)にある、「大井ショッピング商店会」
なんと、全長100mぐらいしかありません。
もちろん車の進入(物理的に)不可!(笑)

周辺の車道は走ったことがありますが、こんなレトロな雰囲気の商店街が、ここにあったことは知りませんでした。
ラーメン好きな人なら、「あぶらや」がある商店街と言った方が、ピンとくるかもしれません。

しかも、土曜日だったからかもしれませんが、半分ぐらいはシャッターが閉まっているような、寂しい雰囲気。
(これでも、アーケードを撤去して改装した後らしい(苦笑)。改装前の貴重な写真をアップしてくださっているのは→こちら

…が、なぜか、一店だけ、ずらーっと、店の外まで行列が出ているお店があります。
それが、「うさぎや」というパンや。今回の目的地です(笑)。

第一感想は、「ちいさっ!」
間口は狭いけど、中は、もっと狭い!
お客さんが、必死に中に入ろうとしますが、8名が限度でしょうねぇ。
Usagiya
←レイアウト図
 本当に身動きが取れなくなります(笑)。

中も、非常に昔からあるパンや…という内装で、パン棚は年期の入った木製で、数十年ずーっと使い続けている様子。
なによりも、せまいレジ台で、黙々とパンを包んでお会計をしている、おばあちゃんの年季がハンパではない感じ!
(しかもこのおばあちゃん、「ラピュタ」に出てくる女盗賊ドーラと、同じ髪型!なんか新鮮で感動!)

店内は、様々なパンが所狭しと並んでいます。特に、総菜パンやサンドイッチの種類がハンパではありません。
しかも、一個一個が大きいし、具は完全にはみ出ています…(笑)。
例えば、「ランチ」という総菜パンは、いろいろなものが乗りすぎてしまって、きっと1個食べたら、お腹一杯になるのではないか…と思うほど。

Usagiya02ちなみに、買ったパンの一部。
左側から「カツサンド(SPF豚使用)」「海老ステーキパン」「エビタマゴパン」(エビタマゴパンに至っては、何がなんだかわからないぐらい盛られていますが、エビフライの上に、卵サンドの具が山盛り乗っているんです…(笑))

Usagiya03
こちらは、バンズタイプのサンドイッチ。
これは「カニクリームコロッケパン」。このサイズだと、他に「チキンの唐揚げパン」「トマトモツァレラパン」などもありました。

なにより、外側のコッペパンが美味しいので、具がいっぱい入って居ても、パンの味が負けないのが、すばらしい!。
しかも、中の具も丁寧に作っていて、まるで昔お母さんが作ってくれた、ボリュームパンパンの手作りサンドイッチを彷彿させるような、懐かしい味がします。

あとは、人気の「カレーパン」もお勧めです。
ジャガイモがゴロゴロ入っていて、カレーの辛さもちょうどよく、揚げたてホカホカだと、ほっぺたが落ちそうに、美味い…。(と、先日、出来たてを食べた旦那談…)

…ということで、大きくて美味しくて、安くて…と三拍子揃っているため、多くの人が、一人10個以上は軽く買っていきます。
そのため、並べても並べても、どんどん無くなるので、奥の厨房では、せっせとおじさん二人が総菜パンを作り続けています。

例えパン棚の在庫が切れていても、「おじさん、○○パンくださいー!」って、厨房に声をかけると、作って持ってきてくれます(笑)。

製販一体の町のパンやさん!…って感じで、いいですねぇ。

店内の壁に、パンコンテストで取った賞状がいっぱい並んでいますが、その受賞年は殆どが昭和50年代後半から60年前半。きっと、それまでもずーっと頑張っていて、そしてそれから20年以上経っているけど、まだ頑張っている、うさぎや。

たしかに不便な場所かもしれないけど、便利だけが価値ではない…と、思い直させていただきました。ありがとうございました!

そして、ごちそうさまでした!♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

三日月の天然酵母クロワッサン

美味しそうなパンやさんに行くと、「うーん…ここのならクロワッサンが美味しいかも」と期待して買うのですが、なぜか「アタらない」(爆)。先週もVIRONのクロワッサンを買ったのですが、「美味しい」けど「自分のイメージするクロワッサンと違う…」と寂しい気持ちに…(苦笑)。

実は、福岡県に「クロワッサンの専門店」があるとのこと。

パン屋の人がクロワッサンが好きで、そればかり味を追求して作っていたら、クロワッサンしかつくる時間しかなくなり、クロワッサンの専門店になった…と書いてあります(笑)。
「好き」を頑なに追求するってのが、潔くっていいですよね(*^-^)

Mikazuki01

「三日月」の天然酵母クロワッサン
上から、「よもぎ」「きなこ」「ココア」

※買ってきた旦那曰わく、「他に無さそうな種類を厳選してきました」とのこと。どうりで、プレーンがない…(笑)。

 

Mikazuki02

実は、クロワッサンの中味に、あんこやきなこペーストなどが入っているのですが、これが意外にいいアクセント。
(中味って、量が多すぎるとクドいけど、これはちょうどよい量)

肝心のクロワッサン(生地)は、外側がパリっと、内側がモチっという感じで、食感も楽しいですし、中のパン生地の味が結構味わい深くて、食べ応えがあります。
個人的に、バターいっぱいで「パリパリしすぎ」だと、食べた感じがしないんですよね(バター食べているみたいで…)。かといって、湿ってしまうとクロワッサンっぽくないし…。

店主のコダワリを、がっつり受け止めて楽しめる、一品です。

なお、関東地方の人に朗報なのは、東急百貨店(吉祥寺)(1F)にお店が入ったのと、4月は催事で東京地区のデパートに出店しているようです。

松坂屋 上野店
平成22年4月14日(水)~4月20日(火)
髙島屋 東京店(日本橋店)
平成22年4月21日(水)~4月26日(月)
小田急百貨店 新宿店
平成22年4月28日(水)~5月5日(水)
京阪百貨店 守口店
平成22年4月29日(木)~5月5日(水)
※守口店(大阪)にも来るようです。大阪方面の方、よければトライしてみてください、

私も、プレーン…買いに行こうかなぁ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

農工房「銀亭」中軽井沢店

月に1~2回通う、「ツルヤ軽井沢店」の近くに美味しいパンやがあるらしい…と聞いて、ふらりと立ち寄ってみました。

農工房「銀亭」(中軽井沢店)

「ぎんてい」…ではなく、「しろがねてい」と読むとのこと。

まるでログハウスのような作りです。
店にはいると棚には、自家栽培の小麦や名古屋コーチンの卵…とか、こだわった素材で作ったパンが、所狭しと並んでいます。

Gintei_01例)名古屋コーチンのゆで卵がまるごと一個はいった「玉子パン」
上にはちょいとマヨネーズ。
言うなれば、食べ応えのある玉子サンドのような感じ(笑)。
 

Gintei_02

例)多分地場産の「洋なし」のタルト
パイ生地がどっしりしているので、上の洋なしやカスタードをどーんと受け止めてくれて、食べ応え満点!

実は、そこで選んだパンは、隣の喫茶室で食べることも可能です。
(喫茶室で何かを注文する必要はありますが)

まぁパンも美味しいのですが、実は私のイチオシは、その喫茶室の「サラダ」だったりします(笑)。(写真は2~3人前のほうです)

Gintei_salad長野といえば、高原野菜の宝庫!(笑)。
パリっと勢いのあるレタスや、みずみずしいトマト、スモークの加減が絶妙なロースハム(多分手作り)などが、どっさり乗って、とどめが名古屋コーチンのゆで玉子(半熟加減が嬉しい)!

これがシンプルなフレンチドレッシングがかかっているだけなのですが、素材がいいんですかねぇ…とても美味しい。

サラダのためには、リピートしてもいいかもしれない!(爆) 
遅めの昼ご飯を食べたい時には、とても重宝するお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

ブランジェリ・タケウチ(大阪・本町)

「おとなの週末」という雑誌の10月号は、パン特集「やみつきのパン!」
いいですねぇ…(^◇^)見てるだけで幸せ(笑)。

東京周辺では、メゾン・カイザーブーランジェリー・ブルディガラヴィロン…などが上がっています。(ブルディガラなんて、昔は広尾にしかなかったのにいつのまにやらこんな有名に…(笑))
私はフランスパンやドイツパン系の、かみごたえのあるパンが好きなので、どれもファンなお店ばかり♪。

でも、かたや殆ど行ったことがないのが、関西(大阪・神戸・京都)のパンやたち。
ブランジェリ・タケウチ(大阪)、ブランジェリ・ラ・リュンヌ(芦屋)、ブーランジェリ・ル・シュクレ・クール(吹田)、グランディール(京都)…などなど。

例え出張が多くても、日中の時間が自由にならないと、なかなかパンやには行けないよぅ…(泣)。

なかでも、どうしても食べたかったのが「ブランジェリ・タケウチ」のパン。
大阪で一番人気…だったのが、いまや関西屈指…とまで言われるようになった伝説のパンやで、小さなお店ながら、いつも客は満杯。

しかも、あまりにお客様が多すぎて、昼に売り切れることも多いと聞き、これまたビックリ。そんな、出張のついでに寄ってみる…なんて、弱気な訪問じゃだめかぁ…(泣)。(あぁ…お客様の会社が「本町」にあればいいのに…(爆))

そんなある日、チャンス到来!
「旦那が大阪出張で本町に行く!」(きら~んっ!☆)

それで、必死にプレゼンテーション(笑)。

「あのー、昼は外に食べに行ったりしません??」
「よかったら、近くに美味しいパンやがあって、隣の靫
(うつぼ)公園で食べると
 開放感あって、いいよ~」
「ついでに、いくつか買ってきてくれると嬉しいんだけどー」(←ここが本音)

まぁ、そんなに自由時間がとれるわけじゃなかろうし、昼休み時間だって潤沢にあるわけじゃないと思うので、「まぁよかったら…」程度でお願いしていたのですが、なんと、エライ苦労して買ってきてくれました!
「すごかったよー!パンを取るのだって狭いぐらいの小さな店なのに、人員整理のための警備員がいるんだよ!」
(やや興奮気味(笑))

ありがとー!旦那っ!♪
後で聞いたところ、途中靫公園付近で迷子になり、途方に暮れていたところ、通りすがりの地元のOLが「タケウチに行く?」と話しているのを聞きつけて、後をついていって店の場所を見つけたらしい(笑)。(そんなに苦労させて、ごめんよぅっ!(泣))

B_takeuchiじゃじゃ~んっ!
買ってきてくれたパンの一部(笑)

(写す前に食べちゃったものがあるので…)


(上段左より)甘栗の乗った天然酵母のパン、天然酵母のドライトマトとフレッシュハーブのカマンベールチーズ包み、ムジカさんのアールグレイのクリームパン

(下段左より)天然酵母のイベリコチョリソーとクリームチーズ、クルミ入りシナモンクリームパン、アーモンドスライス入りの甘いパン

どうしても食べたかったのが、上段右の「ムジカさんのアールグライのクリームパン」
堂島の老舗紅茶や「ムジカ」は私のお気に入り♪
そこの美味しい紅茶の香りがついたクリームパンと聞いただけで、期待度120%!

形が立方体…というのも面白いけれど、やっぱりパク!と食べて、クリームと紅茶の芳醇な香りが広がるのはすばらしいっ!

あともう一つ、旦那には言わなかったのですが、「おとなの週末」に天然酵母オリーブパンという、アンチョビを詰めたオリーブが具に入っている塩味系のパンが載っていて、どうしても食べてみたかったんです。

…と思ったら、ちゃんと戦利品の中に入っていました♪。
うるる~!(嬉々)

味も絶品でした(*^_^*)。天然酵母のパンたちも味があって、かみごたえもあって、食べられて嬉しいですっ!

ということで、パンに囲まれて、端から食べまくる…という幸せな夕食でした(笑)。

一度は自分の足で行って、焼きたて…ってのも食べてみたいけど、これはしばらくは難しそう…(泣)
気長に頑張りますっ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

八ヶ岳カントリーキッチンのくるみレーズンパン(長野・富士見町)

その昔、おいしいパンを求めて、ひたすらいろいろな店のパンを食べ回っていた時期がありました(トランクで出張に行って、中身をパンで埋めて帰ってくることもしばしば…(笑)最近ではすっかりおとなしくなって、ご飯もよく食べますが…(笑))

パンといってもいろいろな種類があるのですが、ライムギや雑穀系の生地に、クルミやレーズンが入った、噛みごたえのあるモノが好き。
例えるならば、バターよりクリームチーズが似合うようなパン…(笑)。

Contrykitchen00そんなパンがお好きならば、イチオシなのが、ここ
「カントリーキッチン」のレーズンパン。

レーズンクルミパン部門に限れば、10年以上、
私の中での不動の第一位です。

Contrykitchen02

Contrykitchen01
「くるみレーズン \700」
(でかいです…25cmぐらいあります)

 

当時、よくぞこんな遠いところまでパンを買いに行ったな…と、我ながら感心するのですが、ドライブ途中でここの焼きたてのくるみレーズンパンに出会ってしまったのが運の尽き。

焼きたてのパンは、耳を澄ますとかすかに「パリパリ…」と皮がはじける音がするんですよ。しかも、パンの半径1mは、香ばしいパンとクルミの香りでいっぱい!。

すごいのは、焼きたてのパン(湿気ないように紙袋入り)をトランクに入れて、車を走らせていると、室内にまで焼きたてのパンの香りがしてくる!
(車の構造上あり得ないけど、本当に漂ってくる!)

一度、焼きたてのパンを、購入直後にちぎって食べたこともあるのですが、香ばしいパンの香り、かりかりのクルミ、ジューシーで濃厚なレーズン…の三位一体に、思わず「うまーい!」と叫んでしまい、一気に半分完食(笑)。

10年以上経って、固定客もついてきたのか、最近では焼き上がり分を予約しておかないと手に入りにくくなりました。

ということで先週、久しぶりに(予約して)購入してきましたが、やっぱりおいしいですねぇ。
パンやクルミもいいのですが、やっぱりレーズンのジュシーさが違う…気もします。

ほかに、カンパーニュやスイスブロート等のパンもあり、おいしいとは思いますが、くるみレーズンほどの感動はないのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)